田中将大を紐解く15の家族物語 | 妻&子供とのニューヨーク生活とは


出典:「https://instagrammernews.com/」

田中将大投手の自宅とは。そして、そのニューヨークでの生活とは一体どういうものでしょうか。
いつも “支える力が半端ない” と言われる奥さんの里田まいさん。第一子となる息子も、もうすぐ3歳を迎えます。
その子育てをする様子からは、田中投手のイクメンパパぶりがわかります。

 

田中投手の食生活と “勝負飯” とは。
奥さんがいない遠征の時には、ある方法で食事を管理しているのだそうです。

“チーム田中” と田中投手の英語力の関係や田中家へ遊びに来たあのタレントさんのことなど。
今回は、田中将大投手のニューヨークでの生活のことを、『15の家族物語』と題してお届けします。
(以下、親しみも込めて田中将大投手を “マー君” と表現します。)

Sponsored Link

 

田中将大の妻・里田まいさんとのニューヨークでの暮らしとは


出典:「https://instagrammernews.com/」

マー君が一緒に暮らしているのは、2012年3月に結婚をしたタレントの里田まいさん。
夫婦で誰かと食事に出かけるときも里田さんの気遣いは半端ないと言われていて、マー君の活躍を支える力となっている人。
2016年2月には第一子も生まれて、今は子育てにも二人で奮闘している様子があります。

 

そんな二人のベッドは、一つの大きいサイズ。
「ダブルベッドのサイズでは無理」とマー君が話していた通り、マー君の体格が大きいので、そのベッドはキングサイズなのだと話していました。

しかし、息子の夜泣きが大変な時期は、シーズン中と重なっていたのだというマー君。
試合に影響しないようにと、里田さんが子供の部屋で一緒に寝て、マー君は一人で寝ていた時期もあったのだそう。
ある程度息子が一人で寝れるようになってからは、息子が一人で寝て、夫婦で一緒に寝たり。

 

そんなマー君がある番組で話していた、田中夫婦のニューヨーク生活がわかるエピソードが。
ニューヨークはバーゲンがすごいのだというマー君。
自分自身はあまり興味ないのだけれど、奥さんはテンションが上がっているのだと話していました。

そんなマー君の服は奥さんが買ってきてくれるか、もしくはバーゲンはインターネットショッピングもあるので、そういうところで購入して自宅へ届けてもらうこともあるのだと言っていました。

 

奥さんは料理上手!田中将大のニューヨークでの食生活とは


出典:「https://instagrammernews.com/」

そんなマー君の食生活も支えているのが、奥さんの里田まいさん。
最初は砂糖と塩を間違えるなど、ありとあらゆる失敗をしていたという里田さんですが、料理教室を掛け持ちして必死に練習したのだそう。
今ではプロ顔負けレベルという里田さんの料理。太りやすい体質のマー君の栄養管理を完璧にしているのだといいます。

 

しかし、時にはお菓子も作ってくれるのだという里田さん。
マー君が「美味しい」と言っていたのは “チーズケーキ” で、それでも「もう少し味が濃い方が良い」とリクエストしているのだと言っていました。
味が薄いというのは、里田さんがマー君の体質に合わせたケーキを作っているからなのでしょうか。

 

そんなマー君も料理をすることがあるのだそう。
「凝ったものは作れないけれど、簡単なものを」とチャーハンや焼きそばも作っているのだと話していました。

 

遠征先の食事は大変!?田中将大の “勝負飯” とは


出典:「https://instagrammernews.com/」

大好物は “オムライス” というマー君。
奥さんにつくってもらう料理の中で一番好きなのも、オムライスなのだといいます。
メジャーリーグのシーズン中、登板の時にも毎回つくってもらっているのだそうで、”勝負飯” になっているのだそう。

 

しかし、里田さんは遠征先にはついて行かないので、遠征先の食事は自分で用意するのだというマー君。
だいたい各遠征先に一つは日本食や中華料理のお弁当を作ってくれるお店があるのだそうで、そういうお店にお願いしているのだと言っていました。

 

マー君自身が気をつけているメジャーリーグでの食生活も。
マー君は、試合前の18時ぐらいにご飯を済ませているのだといいます。
試合が終わると23時〜24時になってしまうので、遅い時間に食べると太ってしまうのだそう。
どうしても食べたいときは胃に負担がかからないものを食べたり、自分自身でもかなり気をつけているのだと話していました。

 

“チーム田中” が全面バックアップ!?田中将大の英語力とは


出典:「https://www.news-postseven.com/」

マー君自身、”チーム田中” と呼んでいる、マネージャーさんと通訳の堀江慎吾さん。
堀江さんの通訳はメジャーリーグの環境に身を置くマー君にとって、命綱のような存在なのかもしれません。

 

「簡単な会話はボディランゲージも交えてして、大事なところは通訳さん交えてする」と話していたマー君。
マー君が英語について話しているのを聞くと、そこまで積極的には英語の上達に力を入れてはいないのかもしれないという印象を受けます。
以前、ある番組で話していたときも、「喋れるわけないやん」と笑っていました。

 

それでも「聞く方は圧倒的に上達はする」と言っていて、「でも言葉を知らないから、自分が答えたくても言葉が出てこないというのは多々ある」のだそうです。
2018年にエンゼルスへ移籍した大谷翔平選手も菊池雄星投手も日本にいた頃から英語の練習をしていましたが、マー君は通訳の方に任せてピッチングに専念するというスタイル。
マー君の自分のスタイルを貫くというところは、マー君の強いところでもあって、この人の魅力でもあると思います。

 

僕は以前、フィンランドに留学していて英語の練習をしていましたが、メジャーリーグへ挑戦する選手から通訳を任された人は言葉のサポートだけでないスキルを求められると思います。
大谷選手のメジャー挑戦で注目を集める通訳の水原一平さんは、自宅から球場までの運転手やキャッチボールの相手からメジャー挑戦の生活を支えています。

 

黒田博樹にも相談!?田中将大が最初、ニューヨーク生活で慣れなかったこととは


出典:「https://news.biglobe.ne.jp/」

そんな周りに流されないマー君でも、メジャー移籍の最初の年は新しい環境に慣れなかったのだと振り返っていました。
それまでの拠点だった仙台とニューヨークでは、言葉だけでなく文化も食生活も価値観も全く違います。

 

マー君は、「日本人同士だとなんとなくわかることでも、かけ離れてるんだと思ったこともあった」と言っていましたが、それでも “違って当たり前” という気持ちを予め持っていたのでショックを受けることはなかったのだと話していました。

 

そんな中でも最初のキャンプでは、野球の練習の違いに戸惑うことがあったというマー君。
当時はチームに黒田博樹さんがいて、相談もしていたのだそうです。

 

マー君が、1年目には、帰りたいと強く思っていた時期があったのだと話していたことが。
それは、”夏場”。シーズンの終わりが見えてきて、もう少しで日本帰れるというのが見えてきた頃に、次第にそういう想いもあったのだと振り返っていました。

Sponsored Link

マー君はイクメンパパ!?田中将大と子供の生活とは


出典:「https://instagrammernews.com/」

マー君がメジャーの環境に慣れてきた頃でしょうか。
第一子となる息子が生まれ、2019年の2月には3歳になります。
2018年の初めにはすでに90センチは超えているというほど大きい子なのだと話していましたが、そのときはまだ長い間は歩けないのだと言っていました。

 

そんなマー君の子供は、2018年の初めには少し喋るようになったことを話していました。
「パパ、ママ」と呼んでいるのだそうです。しかし、「ママ」よりも「パパ」の方がよく呼ぶのだと言っていました。
その理由は、里田まいさんが「パパ」とよく呼んでいるから、それを覚えたのではないかとのこと。

 

マー君はイクメンパパなのだそうで、オムツを替えたりもしているのだそう。
試合のある日は時間的にできないけれど、そうでないときのお風呂はマー君担当なのだと話していました。

自身もかなり大きい子だったというマー君。
自身の同じ歳の頃よりも大きいのだそうです。

 

時間が経てば慣れてくる!?田中将大の子供時代からの性格とは


出典:「https://gunosy.com/」

息子と同じように小さい頃から大きかったというマー君。
その性格は、小さい頃からすでに “人見知り” だったのだといいます。

 

今でも、あまりメディアの前で感情を出す姿が少ないマー君。
テレビとか見ているときは、面白かったら大声で笑うこともあるのだと話していました。

 

時々、マー君が大ファンという “ももクロ” と夫婦で食事をすることがあるのだそうですが、久々に会うといつも緊張しているのだと言われていました。
それでも、普段は慣れてくると和気藹々としていて、人見知りはなくなるのだそうです。

 

家庭環境から!?田中将大が野球を始めたきっかけとは


出典:「https://www.sponichi.co.jp/」

今では名門チームのヤンキースで活躍するマー君。
その野球との出会いは、意外なものでした。

 

プロ野球選手になる人の中には父親が野球好きで、子供にも教えていたという人は少なくないです。
しかし、マー君の父・博さんは全く野球経験はない人だったといいます。
当時はプロ野球のナイター中継が多くて、田中家ではそれが自然と流れていたのだそうです。

 

「そこが最初野球に触れるところだった」のだと話していたマー君。
テレビで野球中継を見ているうちに興味を持ち始めたのでは、ということを振り返っていました。

 

お雑煮が違う!?田中家のお正月の過ごし方とは


出典:「https://www.sanspo.com/」

そんな田中家では、マー君が子供の頃のお正月は、ずっと家族で過ごしていたといいます。
おせちを家族で食べて、近くの神社に行って初詣。そこでおみくじを引いて、という流れだったのだと言っていました。

 

特別なお正月ではなかったという田中家のお正月。
しかし、結婚後には里田さんの地元・北海道にも行って、驚きがあったのだと話していました。

 

それは、お雑煮を食べたときのこと。マー君の出身地・兵庫県伊丹市のお雑煮は丸もちで、味噌は白味噌を使った甘い感じのお雑煮。
北海道で食べたものは、醤油ベースのお雑煮。大きな違いがあって驚いたというマー君。
お雑煮は白味噌にしてくれとお願いしていたのだそうです。

 

日本での “チーム田中” !?田中将大とももクロの関係とは


出典:「https://news.mynavi.jp/」

そんなマー君がお正月などオフにすることといえば、”ももクロ”。
ライブに足を運んだり、番組で共演したり、プロ野球界屈指のももクロファン。

 

ももクロにとってマー君は親戚のお兄ちゃんのような感じなのだそうで、マー君にとってのももクロは親戚の妹のような感じなのだそう。
夫婦で、ももクロメンバーと食事にも行くという仲。
テレビのニュースにマー君が出演していると、ももクロメンバーは親戚のお兄ちゃんを見るようなかんじで見ているのだと話していたことがありました。

 

ヤンキースタジアムでの登場曲にも、ずっとももクロを使っているマー君。
奥さんがアイドル出身ということもあって、里田まいさんが球場へ観戦に行くと、奥さんの周りに座っている人が「お前が歌ってるのか?」と聞いてくることもあったのだそう。
ももクロの曲が流れると、マー君自身もチームメイトからも、奥さんが歌っているのかと聞かれるのだそうで、ももクロのことを伝えると、チームメイトは誰も知らないのだと話していました。

Sponsored Link

田中将大の “座右の銘” とヤンキースタジアムでの登場曲の関係とは


出典:「https://www.sanspo.com/」

2017年シーズンに登場曲として使っていたのが、ももクロの『何時だって挑戦者』という曲。
この曲はマー君へ作られた曲で、その歌詞のはじめにはマー君の “座右の銘” 『気持ち』という言葉が。

 

試合が始まるとき、ウォーミングアップをしているときにこの曲が流れるのだというマー君。
毎回きちんと聞いているのだと言っていました。
それも、最後まできちんと聞こうと、ウォーミングアップを少しゆっくりしたりしながら時間を調節しているのだそうです。

 

毎年、ももクロが作ってくれた曲を使っているマー君。
その中でも特に『何時だって挑戦者』は特に気に入っているのだそうで、これからずっと使っても良いぐらいなのだそう。
毎年、マー君の曲が増えていきますが、マー君のマネージャーさんが、これを続けていって、いずれは “マー君ベスト” のようなものをということを考えているという話も。

 

アイドル好きのきっかけはあのグループ!?田中将大が熱中する趣味の数々


出典:「https://www.sponichi.co.jp/」

ももクロは特別だというマー君ですが、マー君はアイドル全般が趣味だということも公言しています。
以前ある番組で、アイドルを好きになったきっかけは「最初はモーニング娘。」と発言。
オフシーズンには “AKB紅白” というイベントの審査員長を務めていたことも。
このときは、”審査員長” ということを当日に知ったのだと話していました。

 

他にも大好きだという趣味が、釣りとゴルフ。
これらはアメリカでもするのだと言っていました。

 

オフシーズンに日本に帰ってきたときには、鯛が10匹や小さな鯵を釣って、鯵はその場でさばいてもらったのだという話も。
マー君のゴルフはプロ野球界では有名で、そのドライバーは最高380ヤードという飛距離。
380ヤードって、プロでもかなりトップクラスなのではないでしょうか。

 

「ジャパンTV」!?田中将大のニューヨークでのテレビ事情とは


出典:「https://mantan-web.jp/」

オフシーズンにはテレビ出演も多いマー君。
ニューヨークでは「テレビつけても英語だと何言っているかわからないので」とはじめの頃はテレビはあまり観なかったと言っていましたが、今ではスポーツ番組は見るようになっているのだと話していました。

 

ニューヨークでは「ジャパンTV」という日本の番組が放送されているチャンネルは見るのだそう。
しかし、いつでも日本の人気番組が観られるわけではないのだと話していました。

そんなマー君のニューヨークの自宅とはどういうところでしょうか。

 

渡辺直美とあのタレントも遊びに来た!田中将大のニューヨークにある自宅とは


出典:「https://www.daily.co.jp/」

すでに子供の部屋は作ったということを話していましたが「自分だけの部屋というのはない」と話す、マー君のニューヨークでの自宅。
お気に入りの場所は “リビング” なのだそうです。

 

その自宅は、きちんと日本仕様にもなっているのだといいます。
お手洗いにはウォシュレットもつけて、お風呂には浴槽もあるのだそう。
シャワーは手で持てるタイプのものもついているのだそうですが、マー君は上部に固定されたシャワーしか使わないのだと話していました。

 

そんな田中家の自宅には、お客さんも。
渡辺直美さんや小島瑠璃子さんなど、奥さんの友人などテレビで活躍するタレントの人も来るのだそうです。

 

セントラルパークで愛犬とお散歩!田中将大のニューヨークでの外出事情とは


出典:「https://instagrammernews.com/」

シーズン中は、ほとんど球場と自宅との往復というマー君。
それでもメジャーリーグの環境に慣れてきてからは、外出することもあるのだそうです。
以前は、セントラルパークへ奥さんと一緒に、トイ・プードルで愛犬のハルくんを連れてお散歩に行ったこともあったのだと言っていました。

 

それでもニューヨークでは、ほとんど自宅で奥さんの料理を食べていて、外食はお寿司を食べに行くときぐらいなのだといいます。
外出するのは、美容院へ行くときぐらいなのだそう。

子供がもう少し大きくなってきたら、奥さんとハルくんとセントラルパークに散歩に来て、子供とキャッチボールをするという光景もあるかもしれません。

 

(僕がこっそりイーグルスを応援する理由!オーナーの三木谷浩史さんと楽天初優勝の物語はこちらから読めます。)

 

 
Sponsored Link

関連記事

コメントは利用できません。

プロフィール

プロフィール

41人の面白い!感動!意外!な選手たち

41人の面白い!感動!意外!な選手たち

本気でカープチケットを取りたい人必見

本気でカープチケットを取りたい人必見

今年の冬こそヘルシンキへ!

今年の冬こそヘルシンキへ!

春季キャンプを巡る『7つの楽しみ方』

春季キャンプを巡る『7つの楽しみ方』

ピックアップ記事

2018.11.18

大谷翔平の姉&両親と17の家族物語 |結婚のカギはアーバインの豪邸!?

出典:「http://www.latimes.com/」 大谷翔平選手の結婚の "カギ" を握るのかもしれないカリフォルニア州・ア…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る