自宅での妻&子供との暮らしとは!? 柳田悠岐がわかる7つの人生物語


出典:「https://instagrammernews.com/」

柳田悠岐選手が子供と過ごすリラックス時間とは。
柳田選手が「一緒にいると楽しい」と語る、奥さんとの結婚生活とはどういうものでしょうか。

 

大学時代から才能を開花させた柳田選手。
トレーニングをしてボールを飛ばす力を身につけた柳田選手でしたが、それ以上に考え方を変えた出来事がありました。
その助言をしてくれた人の存在とは。

今回は、柳田悠岐選手の歩んできた道のりを、『7つの人生物語』と題して紐解いていきます。

Sponsored Link

 

フルスイングの原点はここに!?柳田悠岐の幼少時代とは


出典:「https://instagrammernews.com/」

柳田悠岐選手が野球を始めたのは、小学3年生の頃。
地元の西風五月が丘少年野球クラブに入団。
「とにかく思い切りやれ」という指導で、のびのびと野球を楽しめる環境だったと言います。

 

プロになった今でも親交があるという、恩師の佐藤賢治監督。
当時の柳田選手は身体が小さくて、すばしっこかったのだそうです。

 

しかし、その頃からの佐藤監督の指導は、身体が小さくても “とにかく強くバットを振る” というもの。
「それが今の自分の形になっている」と話していた柳田選手が当時憧れていたのは、メジャーリーグで活躍したスラッガーのバリー・ボンズさんだったのだそうです。

 

同世代の活躍を横目に!?高校時代の柳田悠岐と飛躍のきっかけとは


出典:「https://www.nishinippon.co.jp/」

柳田選手が進学したのは、広島商業高校。
当時の柳田選手は目立った活躍もなく、チームは予選で敗退しています。

 

柳田選手は斎藤佑樹投手や田中将大投手の “88年世代”。
同世代の選手たちの活躍を、アイスを食べながらテレビで見ていたのだと言っていました。

 

そんな柳田選手ですが、その後の大学入学までの半年間で人生が変わっていくことになります。
その理由は、市内にあるスポーツクラブでのウエイトトレーニング。
高校時代、ウエイトトレーニングをほとんどしていなかった柳田選手でしたが、この時期に週5日通って体重は68キロから76キロまで増えているのです。

 

さらに大学4年間を含めると、20キロも増加。
身体が一回り大きくなり、それまで力負けしていたボールにも対応できるようになっていったのです。

Sponsored Link

柳田悠岐の考え方を変えた!?大学時代の恩師の教えとは


出典:「https://instagrammernews.com/」

しかし、本当に柳田選手を変えたのは、大学時代の恩師・龍憲一さんの教えだったのかもしれません。
広島経済大学野球部監督の龍憲一さんは、元カープの選手。
この出会いが、柳田選手の考え方に影響を与えています。

 

そのきっかけとなったのは、龍さんの「大きい身体をしているんだから、しっかり振りなさい」という言葉。
それまでミート重視のバッティングをしていた柳田選手。
しかし、何か吹っ切れたように、思い切りスイングするようになったのだそうです。

これが今の柳田選手のフルスイングを作っていったのです。

 

柳田悠岐の大学時代のびっくりエピソードとは


出典:「http://www.dnszone.jp/」

“フルスイング” を開花させた柳田選手。
身体も大きくなって、驚異的な飛距離のホームランを連発。

 

その頃から、並外れた状況が出てきたといいます。
120メートルのバックスクリーンまで飛ぶような打球が飛んでいったと思ったら、バックスクリーンを超えていったり。
内野フライが上がったと思ったら、フライが高すぎて大学生が取れないということも。

 

広島経済大学のグラウンドは、両翼92メートル。
いつしか柳田選手の打球はそこにおさまらなくなり、スタンドを超えて他の部活の場所まで飛んでいくように。
打球が飛んでいくたびに、後輩たちが「危ない!」と叫んでいて、柳田選手はその様子を見ながらニヤニヤしていたのだと話していました。

 

柳田悠岐の意外なドラフトエピソードとは


出典:「https://www.nishinippon.co.jp/」

それからプロのスカウトが足を運んでくるようになってきたという柳田選手。
ドラフト2位でホークスに指名されてプロの世界へ。

 

当時の柳田選手には、社会人野球の話もいくつもあったのだといいます。
しかし、そういう話ってドラフト会議の日まで待ってくれないもの。
柳田選手はドラフト指名があるかわからない中で、社会人野球の話は全て断っていたと言っていました。

 

なので、「もし指名されなかったらどうしよう」という不安があったという柳田選手。
「そうなったら、ニートだ」と。指名されて、「働くところがあってよかった」とホッとしたのだそうです。

Sponsored Link

奥さんとの自宅での暮らしとは!?柳田悠岐の “結婚”


出典:「https://instagrammernews.com/」

柳田悠岐選手は、2015年シーズン前にプロポーズをして、7月に婚姻届を提出。
相手は3歳下。福岡出身の人で2013年夏から交際を続けていたのだといいます。

 

2013年というと、柳田選手のまだ三年目の駆け出しの頃です。
その頃は、ダイビングキャッチして右肩を痛めていた柳田選手。
怪我で苦しかったときに、近くで支えてくれた人なのだそうです。

 

奥さんの料理はなんでも美味しいと言う柳田選手。
奥さんは元気な人で、自宅で一緒に過ごしていると面白いのだと言っていました。

 

結婚をしたシーズンは、柳田選手が初めてトリプルスリーを達成して飛躍した年。
結婚を報告した時には「一層頑張りたい」ということも話していましたが、本当に打ちまくりました。

 

柳田悠岐が子供と過ごす “リラックス時間” とは


出典:「https://www.instagram.com/」

そのシーズンのオフ、柳田選手には第一子が誕生しています。
誕生日は、2016年1月7日。3020グラムの女の子です。

 

柳田選手は、”子供の村福岡” という場所に、ホームランを打つごとに30万円の寄付をするという活動をしています。
子供の支援をしている様子を見ていると、子供が本当に好きなんだなあと思います。

 

以前、自身のインスタグラムに、子供と過ごす自宅での様子の写真をあげていた柳田選手。
自宅で過ごすこういう時間が、プレッシャーのかかる日々の中でリラックスできる少ない時間なのかもしれません。

 

春季キャンプ見学へ行く人へ↓↓

 

 
Sponsored Link

関連記事

コメントは利用できません。

プロフィール

プロフィール

41人の面白い!感動!意外!な選手たち

41人の面白い!感動!意外!な選手たち

本気でカープチケットを取りたい人必見

本気でカープチケットを取りたい人必見

今年の冬こそヘルシンキへ!

今年の冬こそヘルシンキへ!

春季キャンプを巡る『7つの楽しみ方』

春季キャンプを巡る『7つの楽しみ方』

ピックアップ記事

2018.11.18

大谷翔平の姉&両親と17の家族物語 |結婚のカギはアーバインの豪邸!?

出典:「http://www.latimes.com/」 大谷翔平選手の結婚の "カギ" を握るのかもしれないカリフォルニア州・ア…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る