大谷翔平の姉&両親と17の家族物語 |結婚のカギはアーバインの豪邸!?


出典:「http://www.latimes.com/」

大谷翔平選手の結婚の “カギ” を握るのかもしれないカリフォルニア州・アーバインの豪邸と、”もう一つの自宅” とは。
プロ入り5年間は野球に専念する、という父・徹さんと大谷選手の約束。
その5年を終えた今春、遂に大谷選手は動くのでしょうか。
そのカギを握るのは、大谷選手が書いたというあの設計図なのかもしれません。

 

大谷選手を料理男子に育てる女性の存在とは。
プロのような食事を作っている大谷選手が「作りたい」と語ったメニューとは、一体どういうものだったのでしょうか。

今回は、自宅や アメリカでの生活、年俸の使い道、語学力や愛車のことなど、17のテーマで大谷翔平選手の素顔を紐解いていきます。

 

目次

 

目指せ料理男子!大谷翔平の食事情がわかる3つのエピソード


出典:「https://www.fnn.jp/」

エンゼルスへ移籍してから、初めての一人暮らしを始めた大谷翔平選手。
そこで気になるのが、その食生活です。
これまで日ハムの寮生活で食には困らない環境にいた大谷選手ですが、今では料理男子になってプロ並みの腕前に近づいているようです。

ここでは、大谷翔平選手の3つの食に関するエピソードを見ていきます。

 

エピソード⑴ もともと食に興味なかった!?母・加代子さんが語る大谷翔平の食とは

高校に入るまでは細くて、好き嫌いはなかったものの、食べる量は少なかったという大谷選手。
食べることにあまり関心がなかったのだといいます。

 

それが今ではあの立派な体格。
以前、大谷選手が、”ダルビッシュ流の食トレ” をしていたことがありました。
プロ野球選手は打球を打ち返すのにも、速いボールを投げるのにも身体を大きくする必要があります。

 

今プロ野球で活躍する人を間近で見ると、驚くほど大きいです。
今の大谷翔平選手にとって食とは、トレーニングの一部なのかもしれません

 

エピソード⑵ 栄養管理を徹底する大谷翔平

そんな大谷選手が、栄養について徹底していたというエピソードが。
それは、毎回食事のときに、食事の写真を撮って、栄養士さんに送信。
「今こんな感じなんですけど、あと何が必要ですが」というやりとりをしていたというのです。

 

栄養学の本を読んで、学んでいるという大谷選手。
日ハム時代にもチームメイトとの食事の誘いも、それがどういう場か聞いてから行くべきか考えて、断ってもいたといいます。
一方で、外国人選手たちの食事会には英語習得のためによく参加していたというので、食事も全て野球のためなのかもしれません。

 

エピソード⑶ ロサンゼルスで初の一人暮らし!料理男子・大谷翔平を育てる “ある女性” とは

そして、ロサンゼルスでの初の一人暮らしを始めた大谷選手。
大谷選手を料理男子に育てている人がいるのだそうです。

 

それは、料理研究家の村野明子さん。ヴィッセル神戸の育成センターで寮母さんとしてご飯を作っている料理研究家で、アスリート料理のスペシャリストです。
大谷選手は、渡米直後の期間に、栄養をサポートしてもらっている明治と一緒に、村野さんに食事をサポートしてもらうことに。

 

(村野明子さんの記事はこちらから読めます。)

 

しかし、始めは作ってもらうだけの予定だったけれど、夕ご飯を作り始める頃に見に来て「僕にもできますかね」と聞かれたという村野さん。
「できますよ」という話をしたことがきっかけで、そこから村野さんの料理指導がスタートしたのだそうです。

 

そして、そこから大谷選手が今でも作っているのは、どれも本格的な料理。
そのメニューとは、『ステーキとガーリックシュリンプ』『粒マスタードソースのハンバーグ』『ローストポークとサケのソテー海藻類をそえて』などなど。

 

さらに、大谷選手が村野さんに特に作ってみたいと言ったというのが、オムライス。
村野さんのオムライスは、鶏肉は通常の2倍でタンパク質を多めに、卵は脂質の多い黄身は少なめにするというアスリートに適したレシピ。
「料理を楽しんでほしい」という想いも語っていた村野さん。料理男子として育つ大谷選手を、まるで母親のように考えているようでした。

 

3人兄弟の3番目!母・加代子さんが語る大谷翔平の “末っ子” エピソード


出典:「https://www.jiji.com/」

大谷翔平選手は三人兄弟の末っ子。
エンゼルスでのベンチの様子を見ていると、チームメイトにたくさん可愛がられていて  “末っ子” のようなイメージもわかります。
子供の頃の大谷選手は家の中では甘えん坊で、7つ上のお兄ちゃん・龍太さんが可愛がってくれていたのだといいます。

 

そんな大谷選手の “末っ子” がわかるエピソードが。
それは、2つ上の姉・結香さんが両親に怒られているのを見たときのこと。
末っ子ということもあって大谷選手は要領が良く、姉が何かして怒れていると、それを見て自分はやらないようにしているようだったそうです。

 

(西川遥輝選手の意外な素顔がわかる記事はこちらから読めます。)

 

年俸で親孝行!?大谷翔平の並外れた金銭感覚がわかる3つの伝説


出典:「https://english.kyodonews.net/」

金銭欲がないとも言われる大谷翔平選手。
その年俸は、日ハム時代から、
1年目(19歳)1500万
2年目(20歳)3000万
3年目(21歳)1億
4年目(22歳)2億
5年目(23歳)2億7000万
メジャー1年目(24歳)6100万
と合計で6億7600万。大谷選手はスポンサー契約など他の収入も少なくないので、その資産は計り知れません。

 

一方で、大谷選手の5年目とメジャー1年目の年俸を見ると、2億以上のダウン。
27球団が競合した “大谷翔平争奪戦” でも、「お金は関係ない」と年俸は条件外へ。
あと2年待てば20億の契約になったとも言われる中、大谷選手のメジャー挑戦が始まりました。

 

そんな大谷選手の並外れた金銭感覚とは一体、どういうものなのでしょうか。
ここでは、大谷選手の3つの金銭感覚伝説を見ていきます。

 

伝説⑴ 大谷翔平のお年玉はどこへ消えた!?

まずは大谷選手の子供の頃の金銭感覚。
お金を使わないのは、子供の頃からだったのだといいます。

 

それは、年始にもらったお年玉のときにも。
大谷選手はお年玉をもらったときも、その時に使う予定がなければ、「もっておいて」と両親に渡していたのだそうです。
僕だったら、使う予定がなくてもすぐ使えるように手元には置いておきたいと思ってしまいます。

 

伝説⑵ 大谷翔平の意外な年俸の使い道とは

毎年年俸が上がっていた大谷選手。
しかし、その契約更改の場で記者からその使い道について聞かれても、「WBCのボールでも買おうかと思います」「まだ2ダースしか持っていないので、ネットスローできるぐらいの」と返答。
意外にもWBCのボールは1つ5940円もするようですが、それを5ダース購入したとしても約35万です。

 

そんな大谷選手が、3年目のオフに、その使い道を話していたことが。
それは、「両親に時計を買おうかなと思っています」というもの。
自分のためではなく、両親への親孝行のためのお買い物でした。

 

伝説⑶ プロでもおこづかい制というお金に無頓着な大谷翔平

豪快なお買い物で世間を賑わせるというイメージもあるプロ野球選手という職業。
それとは無縁に、大谷翔平選手はプロになってもずっと両親からのおこづかい制だったといいます。

 

その金額は、月10万。しかし、プロ入り2年間で溜まったのが、200万。
その10万でさえ、使い切ったことがなかったのだそうです。

 

もちろん、大谷選手は日ハムの寮に入っていたので、生活にかかるお金はなかったかもしれません。
それでも、大谷選手は札幌にいたときも買い物にはいかないと話していたり、使うお金といえば書籍代ぐらいだったのかもしれません。

 

敏腕通訳・水原一平さんが “カギ” を握る!?大谷翔平の “外国語力” とは


出典:「https://www.iwate-np.co.jp/」

メジャーリーグでの成功のためには必須とも言われる “言葉”。
その上達のカギを握るのが、もちろんこの人、通訳の水原一平さん。
日ハムで通訳としてレアード選手ら外国人選手を支えていたときに、大谷選手が誘ってついてきてもらった人です。

 

日ハム時代から外国人選手のサポート力はずば抜けていて、休日にも外国人選手の子供の病院へ連れて行ったり、買い物について行ったり、番組の取材で一緒に同行したり。
その様子を見たときは、私生活含めての手厚いサポートでここまでやるのかと衝撃を受けたものです。

 

僕は以前、留学する前に英語を練習していましたが、同時通訳って、2つの言語を絶えず往復するという脳がヒートダウンしてしまうような離れ業だと思います。
その集中力は10分とか20分くらいしか持たないという話を聞いたこともあります。
それに加えて、インタビューの受け答えを見ていると、大谷選手の発言は感覚的な言葉が多くて、英語で説明するのが難しそう。
それを淡々とこなす水原さんの通訳は、かっこいいなあと思ってしまいます。

 

そんな一流の通訳を受けながらも、大谷選手はシーズンが終わる頃には、水原さんが「英語めちゃくちゃ上達してますよ」と話していたほど。
シーズン初めにバッテリーを組んでいたマルドナード選手にはスペイン語を教わって、相手チームの選手とスペイン語で談笑していたという話もあります。

 

メジャーリーグにはプエルトリコやドミニカ共和国など南米のスペイン語圏から来ている人も多く、英語の他にもスペイン語も必要ということもあります。
英語だけでなくスペイン語も達者になっていく大谷選手の語学は、どこまで上達するのでしょうか。

 

大谷選手と水原さんの英語についての記事はこちらから読めます。

 

免許は必要なし!大谷翔平の愛車と水原さんの運転技術とは


出典:「https://www.mlb.com/」

プロ野球選手といえば、良い車を持っている人が多いです。しかし、大谷選手は運転免許も持っていません。
その理由は、「免許を取りに行く時間が勿体無いから」
確かに免許を取るのには合宿などで最短でも数週間はかかりますが、その時間でさえ大谷選手にとっては野球に取り組むのには変えられないのだそうです。

 

ロサンゼルスでも、自宅のあるアーバインからアナハイムの球場まで車で10分という距離。
そこでの運転手を務めるのは、通訳の水原一平さん。食事やスケジュールの管理など身の回りのサポートもしているのだといいます。
その車種は、ヒュンダイのセダン。

 

そんな水原さんの助手席に座って、その運転を「まずまずじゃないですかね」と冗談ぽく笑っていた大谷選手。
そんな水原さんは大谷選手曰く、「自称運転はうまいと言っている」のだそうで、二人の仲の良さがわかります。

 

メジャー成功はイチローのおかげだった!?大谷翔平が「忘れられない」 “一言” とは


出典:「https://sports.yahoo.co.jp/」

イチロー選手以来のメジャー新人王を獲得した、大谷翔平選手のメジャー1年目。
しかし、開幕前のオープン戦でピッチャーとしてもバッターとしても、メジャーへの適応に苦しんでいる大谷選手の様子が連日、ニュースで伝えられていたのを思い出します。
それでもいざ開幕してみると、みるみるうちに適応。シーズン終わってみれば、リーグのルーキー選手の中で一番活躍した選手になりました。

 

そこには、ある人の助言があったのだと大谷選手が明かしていたことがありました。
その人とは、イチロー選手。日本でも数回食事をした仲なのだそう。
開幕前の不振に苦しんでいた大谷選手は、イチロー選手に電話したのだといいます。

 

「僕あまり人に相談するのが好きじゃなくて」と語る大谷選手。
電話でイチロー選手から「ビデオ電話でバット持ちながらやろうか」と言ってもらい、大谷選手も「じゃあお願いします」という流れで始めたのだといいます。
しかし、「自分でお願いしておいて、ビデオ電話はないかな」「自分で行くべきだな」と思い、バット1本を持って、イチロー選手の自宅にお邪魔したのだそうです。

 

そこで、技術的なことから教えてもらったという大谷選手。
その場で一年目の活躍につながった、”忘れられない一言” をイチロー選手からもらったのだと言っていました。

 

それは、「自分の才能とか、やってきたこととか、自分のポテンシャル、そういうものをもっと信じたほうがいいよ」ということ。
1時間強という時間でしたが、大谷選手は、この場が良い方向へ変わるターニングポイントだったのだと話していました。

 

帰宅する際には、イチロー選手から “ユンケル” をもらったのだと冗談ぽく話していた大谷選手。
そして、5月5日、グラウンドでイチロー選手との再開を果たしました。

 

(中島卓也選手の結婚したい相手がわかる記事はこちらから読めます。)

 

読書家・大谷翔平の2冊の愛読書


出典:「https://mainichi.jp/」

読書家として知られる大谷選手。
その高校時代の恩師・佐々木監督も日ハム時代の恩師・栗山監督も読書家として知られる人たち。
大谷選手は、ビジネス書や小説、トレーニングや栄養学の本など様々なジャンルの本を読むのだと言います。

 

その中でも注目したいのが、『チーズはどこへ消えた?』と『論語と算盤』
『チーズはどこへ消えた?』は僕も読みましたが、その内容は、”いつでも変化を察知して、素早く適応しよう” というもの。
まさに大谷選手がメジャーの環境へ適応したときのようなことが書かれている本です。

 

『論語と算盤』は栗山監督の愛読書で、ドラゴンズの根尾昂選手も読んでいるというもの。
球界にはダルビッシュ有投手や筒香嘉智選手をはじめ、多くの読書家がいますが、一流の選手を支えているのが読書で得た豊富な知識なのかもしれません。

 

日ハムの先輩たちからも学んだ!?大谷翔平の大切すぎる “一人の時間” とは


出典:「https://www.daily.co.jp/」

大谷選手がプロ5年間を過ごした日ハムには、一人の時間が大切なのだと話していた人が数人。
それは、中島卓也選手と西川遥輝選手。二人ともチームの中心選手で、繊細な性格で知られる人たち。
そういう性格も引き継いだのでしょうか。大谷選手は「僕あまり一人の時間は嫌いではないので、部屋で一人でいるのも悪くないです」と語っていました。

 

そんな大谷選手は日ハムの寮を出て、2018年からアメリカでの一人暮らしが始まり、アーバインの豪邸での一人暮らしが始まっています。
「一人暮らしだからといって何かが変わるわけではない」という大谷選手ですが、「部屋が広すぎて、少し寂しい気持ちが」と家の大きさは持て余している様子。
確かに、寮の部屋に比べると、寝室が3つあるという今の自宅は広すぎるのかもしれません。

 

普段は買い出しにも行って、オムレツなど作って、球場へ行って、の繰り返しだということも話していた大谷選手。
それでもやっぱり一人の時間は必要なのだそうで、「半身浴とか好きなので、お風呂で本を読んだり」しているのだそうです。

 

両親の意外な教育方針!?大谷翔平が育った家庭環境とは


出典:「https://baseballgate.jp/」

そんな大谷選手が育ったのは、岩手県奥州市。
生まれた時は3400グラムもあったという大谷選手ですが、ずっと身体の線は細かったのだといいます。
その理由は、幼稚園から帰って来ると友達と遊びに出かける。そこから夕方に帰ってくると、夕飯を食べる元気もなく翌朝まで12時間以上寝ていることが週の半分以上あったこと。
よく寝ていたためか、身長は中学入学時には166センチもあったのだそうで、父・徹さんは「大きくなりすぎると動きが鈍くなるのでは」と心配していたのだそうです。

 

しかし、両親から「あれしなさい、これしなさい」と言ったことはなかったのだそうで、両親の教育方針で気をつけていたのは、”自分で決めること”。
自分で決めれば、そこに責任が芽生えるからなのだそうです。
そんな両親の教育もあって、大谷選手は野球をするときも、自分から社会人野球経験のある徹さんに「野球をやりたい、だから教えて欲しい」と言ってきたのだといいます。

 

母・加代子さんもバドミントンの元神奈川県代表だったというスポーツ一家。
大谷選手が野球に取り組む環境は整っていたのかもしれません。

 

(吉田輝星投手が人を惹きつける理由がわかる記事はこちらから読めます。)

 

遂に結婚も視野に!?大谷翔平が記した “結婚する年齢” とは


出典:「https://www.pe.com/」

これまで、メジャーへ移籍する日本人選手のほとんどが既婚者でした。
中には結婚してからメジャーへ行く人も。
それだけ、メジャーリーグの環境は体力的にも大変で、奥さんの支えも必要なのだといいます。
そういうこともあり、大谷選手もメジャーへ行く前に結婚するのではという憶測が流れたことも。

 

しかし、大谷選手は日ハムの選手が合コンで大谷選手を連れてきて欲しいと言われても、大谷選手は、「その時間は自主トレや寝る時間に当てているから」と参加しなかったといいます。
それに以前、25歳までは野球に集中したいということも話していた大谷選手。
結婚はまだ先なのかもしれません。

 

一方で、大谷選手が以前書いたという “未来設計図” がある番組で紹介されていたことがありました。
そこには、26歳の項目に “結婚” の文字が。
大谷選手は1994年7月5日生まれなので、26歳になるのは、2020年7月5日。
これに従うと、大谷選手の結婚の予定は、2020年7月5日〜2021年7月4日の間ということかもしれません。

逆算すると、計画的に物事を進める大谷選手なら、そろそろ相手を探している時期ということもあるのでしょうか。

 

大谷翔平の結婚の “カギ” を握る!?カリフォルニア州アーバインの豪邸と、”もう1つの自宅” とは


出典:「https://twitter.com/」

そんな憶測がある中で、大谷翔平選手の自宅の情報にも手がかりが。

大谷選手はアナハイムの球場から車で10分の所にあるアーバインという地域に、豪邸を月50万で借りているのだと2018年5月に記事になっていたことがありました。
しかし、熱狂的なファンが敷地内に入ってくることもあったり、セキュリティの整った部屋を探しているという大谷選手。
オフに引っ越しをすることもあるのかもしれません。

 

一方で、メジャーの開幕前の2018年春に、東京の湾岸エリアにある50階近くの高層マンションの最上階を購入したという話も。
マンションとはいうものの、メゾネットという2階にわたる部屋なのだそうで、2億で購入したのだといいます。

 

これは、オフに帰国した際のためとも言われ、トレーニングの機器もすでに置いてあるのだそうです。
倹約家の大谷選手にしては珍しいお買い物だなあと思います。

 

それには、結婚のための拠点なのでは、ということも。
26歳で結婚と未来設計図に書いていた大谷選手。
メジャーリーグのシーズン中はアメリカにいるので、日本にいられる時間は限られていて、オフシーズン中が貴重な時間になるのかもしれません。

 

遂に解禁!?大谷翔平の “好きなタイプ” と “彼女事情” とは


出典:「https://www.reddit.com/」

日ハムでも大谷選手には特別な教育方針があり、寮から外出する時には栗山監督に誰とどこに行くのか報告をするというルールがあったといいます。
そうすれば誘う相手も誘いにくくなるとのこと。日ハム時代のチームメイトの鍵谷投手は大谷選手の『警護役だった』と話していたこともあり、大谷選手に近くのは難しかったかもしれません。
それに加えて、2016年のクリスマスには、イブの夜に大谷選手が一人でずっとバッティング練習をしている画像が、栗山監督に広報担当から送られてきたという話もあったほど、大谷選手自身もそういう話とは無縁。

 

花巻東高校の野球部も交際禁止だったという大谷選手。
高校でバレンタインのチョコももらったことはない、ということを話していたこともありました。

 

そんな大谷選手が以前話していた  “好きなタイプ” は、「母がスポーツをしてきているので、スポーティーな方、爽やかな方が良い」のだそう。
背格好については、「自分自身が大きいので、身長が高い人が良い」ということも答えていました。

 

大谷選手は、父・徹さんと「プロ入り5年間は」という話もしていたといいます。
そして、2018年にその5年を終える時期にきた大谷選手。
そのカギを握るのが、東京湾岸の最上階と言われれば、もしかしたらと思ってしまいます。

 

“お手本” はこの家族!?大谷翔平が将来欲しい子供の人数とは


出典:「https://nypost.com/」

そんな大谷選手が将来欲しい子供の人数はどれくらいなのでしょうか。
そこで、注目したいのが、大谷選手が書いたという未来設計図。

 

そこにあるのが、『28歳で男の子』『31歳で女の子』『33歳で男の子』
ということは、三人兄弟ということでしょうか。

 

さらに、この兄弟構成は大谷選手自身の兄弟構成と同じです。
大谷選手は、2つ上の姉と7つ上の兄がいますが、兄と姉が5つ離れているということ以外は、子供の頃からの環境は大谷選手にとって良いものだったのかもしれません。

 

(上沢直之投手の負けず嫌いがわかる記事はこちらから読めます。)

 

熱狂的ファンが激増!?かわいいイケメン・大谷翔平の “童顔ベビーフェイス” とは


出典:「https://www.oricon.co.jp/」

大谷選手の人気を激増させている理由の一つが、そのイケメンの顔。
“ベビーフェイス” と言われていて、「かわいい」と人気の小顔です。

 

そんな大谷選手が、マツコさんと黒柳徹子さんの番組に出演していることがありました。
そこでは、二人が「かわいい」と大興奮。そんな二人に囲まれている大谷選手が、終始顔と耳を真っ赤にして照れている様子がありました。

 

大谷選手が可愛いと言われて、女性人気に拍車がかかったのは、チームメイトからの “サイレントトリートメント” の時やインタビュー中に後ろから水をかけられるというシーンもありますが、そういう様子がピックアップされるのには、大谷選手のこういう “かわいいイケメン” と言われるイケメン顔があるのではないでしょうか。

 

“他人事” は姉がコーディネート!?大谷翔平のファッション事情とは


出典:「https://www.sanspo.com/」

大谷選手の母・加代子さんが言っていたのは、「プロに入ってからも最初は服装や髪型にしても気にしている様子がなかった」ということ。
大谷選手は自分自身が「これだ」というものはとことんこだわるものの、あまり興味を持たないものは、他人事のようだったのだそうです。
それがわかる、あるエピソードがあります。

 

それは、大谷選手の高校時代のお正月のこと。
野球ばかりで私服を着る機会がなかったということもあり、年末年始に帰省したときには、「洋服がない」ということになり、着られそうなものを適当に見つけたり、兄のジーパンを借りて友達と出かけていくということもあったというほど、気にかけなかったのだそうです。

 

今では、まるでモデルのような風貌の大谷選手。
しかし、そのコーディネートをしているのは、姉の結香さんなのだそうです。
大谷選手が「こういう場がある」というと、姉がコーディネートしてくれるのだそうです。

大谷選手が野球に集中できるのには、家族のこういうサポートは大きいのかもしれません。

 

普段感情を乱さない!?大谷翔平の喜怒哀楽の “怒” エピソード


出典:「http://www.sportingnews.com/」

普段、メディアの前では淡々としていて、感情を乱さない “強さ” を見せている大谷選手。
しかし、そんな大谷選手が感情を乱していたことが。

そのきっかけとなったのは、2018年6月6日の試合。
右肘靭帯の怪我をしてしまったきっかけの試合です。

 

この出来事は大谷選手にとって大きな出来事で、「部屋で一週間は引きこもっていました」というほどで「何も考えることなく、ただただ落ち込んでいた」と振り返っていました。
いつも側で支えている水原さんもこの時ばかりは、「かなりショックを受けていましたし、帰りの車もほぼ無言で」と話していたほど。

 

その後にあったエンゼルスタジアムでの練習での、水原さんとのキャッチボール中のこと。
大谷選手は水原さんからのボールをキャッチするときに、ボールに感情をぶつけてしまう様子がありました。

それでもそれ以降は、いつものように淡々と振舞っていた大谷選手。
その精神力の強さは、並外れているのがわかります。

 

日ハムとの縁を紡いだ!大谷翔平を支えた愛犬・エースくん


出典:「https://www.daily.co.jp/」

周りの人に支えられている大谷選手。
子供の頃から大谷選手を大きく支えたのは、愛犬のエースくんだったのかもしれません。
ゴールデンレトリバーの男の子だったというエースくんは、大谷選手が小学1年生の時に家にやって来て、15年間大谷選手を支えたのだと言います。

 

末っ子で弟が欲しかったという大谷選手にとって、エースくんは弟のような存在でもあったのかもしれません。
そんなエースくんが大活躍した、あるエピソードがあります。

 

それは、大谷選手が日ハムで2刀流をすることが実現した入団交渉の場。
メジャー挑戦を表明していた大谷選手と交渉をした当時の山田GMも愛犬が大好きな人。
家には、ビーグルの「たんたんくん」がいたのだそうで、その場で「エースくんにも会いたいです」と大谷選手の両親に伝えたと言います。

 

すると母が「犬好きの人に悪い人はいないわ」と発言。
その場のみんなが笑顔になったというのです。

 

僕も子供時代は愛犬と一緒に育ってきた人ですが、何か辛いことがあったときとかにもいつも一緒にいる愛犬は心強かった思い出もあります。
大谷選手は高校時代から寮生活で、実家に帰ることができる時間は少なかったのかもしれませんが、『エースくん』という名前からもわかるように、野球以外に興味がないと言われる大谷選手でもエースくんはそれぐらい大事な存在だったのかもしれません。

 

春季キャンプ見学へ行く人へ↓↓

 

 
Sponsored Link

関連記事

コメントは利用できません。

プロフィール

プロフィール

41人の面白い!感動!意外!な選手たち

41人の面白い!感動!意外!な選手たち

本気でカープチケットを取りたい人必見

本気でカープチケットを取りたい人必見

今年の冬こそヘルシンキへ!

今年の冬こそヘルシンキへ!

春季キャンプを巡る『7つの楽しみ方』

春季キャンプを巡る『7つの楽しみ方』

ピックアップ記事

2018.11.18

大谷翔平の姉&両親と17の家族物語 |結婚のカギはアーバインの豪邸!?

出典:「http://www.latimes.com/」 大谷翔平選手の結婚の "カギ" を握るのかもしれないカリフォルニア州・ア…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る