海外留学した僕が大谷翔平選手の英語力と通訳水原一平さんに思うこと


出典:「https://www.sponichi.co.jp/」

大谷翔平選手が活躍している中、通訳の水原一平さんも度々メディアに取り上げられています。

僕も留学する前に英語が全くできないとき、海外に行った際に通訳をしてもらったことがあります。
そんなこともあって、プロ野球を観るときには外国人選手のヒーローインタビューも気になります。

 

大谷選手の言葉遣いは英語に訳しづらそうなのですが、
水原さんはそれをたやすくやっているようにも見えてさすがプロだなぁと思います。

そして水原さんがすごいのは、通訳のプロというだけでなく、
「野球選手の通訳のプロ」だということです。

今回は大谷選手の英語を見ながら、水原さんとのやり取りにも注目していきたいと思います。

 

 

エンゼルスに決まる前のインタビューでの大谷選手と水原さんのやり取り


2017年のオフのインタビューで移籍先がエンゼルスに決まる前のものです。

大谷選手は球団が決まる前ということもあるのか、インタビューの冒頭は緊張しているように見えます。
一方で水原一平さんは流石に場慣れしていて、いつも通りというかんじ。

 

水原一平さんはレッドソックスでプレーしていた岡島秀樹投手の通訳もやっていたので、
メジャーのこともわかっているし、そんな水原さんが日本ハムにいて
大谷選手が水原さんを選べたのは、大谷選手はここでも運も持ち合わせているのかもしれませんね。

 

大谷翔平選手の英語力

大谷選手が英語を話しているところも気になるところですよね。

 

上の動画のインタビューの中で大谷選手は自分の英語を「幼稚園レベル」と言っています。

 

しかしその程度ではないかもしれません。
大谷選手のお兄さんと同じチームにいた人で前にアメリカ独立リーグにいた青木走野さんという方がいます。
日本ハムは青木さんを大谷選手が日本ハムに入団するときに採用して
大谷選手のサポート役につけています。

青木さんは英語も堪能なので
話を聞いたり英語を教えてもらったりしたのではないでしょうか。

 

もちろん公式の場とか重要な場面で英語を使うようにするには
ある程度の時間が必要ではあると思います。

 

公式の場で大谷選手が日本ハムのファンに向けたお別れ会見で自己紹介をしている場面がありました。
その場では、はじめに冗談ぽく英語で自己紹介しています。

それを水原さんが日本語に訳しています。
コントみたいになってて面白い会見でした。

その大谷選手の英語もきちんとしていて
練習してきているという感じです。

 

大変なのは相手の言うことを理解すること⁈

僕が留学のときに英語で話すので大変だったのは
相手の言うことを理解することです。

自分が話すことはだいたい言い方とか決まってくるので
それを覚えて練習できます。

しかし、相手の言うことは初めて聞く言い回しとかがあると難しくて
慣れていかないと難しかったです。

 

僕の場合は話す相手がフィンランド人で、お互いに第二言語だったので
お互いにペースを合わせながら話せましたが、
大谷選手は話す相手はアメリカ人でネイティブの人の英語を
聞き取らないといけないのが大変だと思いました。

 

もちろん大谷選手がまだ英語に慣れないとわかっていれば
大谷選手に気を使って簡単な言葉で話してくれたり
ベース上での相手選手との会話では「英語は慣れた?」
と聞いてくれる選手もいるみたいです。


出典:「https://www.sankei.com/」

それに対して大谷選手はジョークで返してるというニュースまで流れていたので
やはりさすがとしか言いようがありませんね。

それに大谷選手は日ハム時代にもチームメイトのレアード選手やマーティン投手たちとの食事にも積極的に参加してきたみたいなので、すでに英語でのコミュニケーションには慣れているのかもしれません。

 

水原一平さんの通訳とその経歴


出典:「https://www.nikkansports.com/」

水原さんは北海道苫小牧市出身で
6歳の頃に父親の仕事の都合でアメリカへ渡っています。

以前にはレッドソックスでプレーした岡島秀樹投手の通訳もしていましたが、
その後に故郷の北海道へ帰郷。

大谷選手と同じ年に日ハムに入団して
日本ハムの球団の通訳をしてきました。

 

日本ハムではレアード選手やメンドーサ投手のサポートもしたようです。

2人は水原さんのことを「友達」だと言っていて
生活面でもサポートをしてもらったと言います。

水原さんはそんな外国人選手の私生活のサポートもかなり一生懸命にやっていて
休みの日でも外国人選手の子供が熱を出したと病院へついて行ったり
レストランの予約を入れることまで。

 

そんな水原さんは大谷投手にとっても仲の良い存在で、
大谷選手は水原さんをしたっていると言います。

やはり水原さんのサポートの姿勢は大谷選手の時も丁寧で
免許を持っていない大谷選手に車の運転をしたりキャッチボールまでしています。

 

体力的な辛さも共有してくれる


↑試合後の会見の動画です。

メジャーリーグのチームはアメリカ中にあるので
移動も長時間だったり時差があったり体力的にも大変です。

それで疲れもたまっているのかもしれません。
相当顔色が疲れているように見えます。

そして水原さんの顔も大谷選手と同じように疲れているように見えますね。

 

メジャー挑戦は体力や生活面でも苦労することが多く
言葉や文化の壁でも色々なストレスがかかると思います。

そんなときにその辛さを共有してくれる人がいると
そういうところでも大谷選手も心強いのではないでしょうか。

 

水原さんは「彼のキャリアの最後までずっとサポートしたい」
と言っているので大谷選手にとっては嬉しいかぎりですね。

 

友達のような通訳


出典:「http://www.picluck.net/」

水原さんの通訳を見ていると、
大谷選手の言葉のニュアンスを汲み取っていると言うよりも
英語ができる友達が間に入って相手と3人で喋っているみたいにも見えます。

大谷選手がすこしおどけたように言うと、
水原さんもそれをリアクションするように
それを聞いた相手がするようなリアクションで相手に話します。

まるで大谷選手と相手の間に入って話す友人のようです。

 

いずれは自分の口で話すという大谷選手


出典:「https://www.sankei.com/」

大谷選手は上のインタビュー動画の中で、
「違うニュアンスで伝わってしまうこともあるかもしれないので
自分の言葉で話せるようにならないといけない」
ということも話していました。

キャッチャーとの会話は「ランナーは気にするな」とか「低めに」とか
野球をやっていればわかる程度かもしれないです。

しかし通訳の水原さんがしょっちゅうマウンドに行くわけにもいかないので、
ピッチャーをやっていく上ではキャッチャーとの意思疎通は
通訳なしである程度できた方が良いのかもしれません。

 

大谷選手は高校時代に「目標達成シート」をやっていました。
そこでは野球で目標を達成するには、野球の技術だけでなく
「運」や「人間性」ということも考えています。

なので大谷選手は目標を達成するためにずっと
言葉にも力を入れてきていると思います。

今後大谷選手が公の場で話すことがあれば
大谷選手の英語、そして水原さんとのやりとりにも注目ですね。

 

関連記事はこちらから読めます↓

筒香嘉智のスペイン語上達に学ぶ語学修得に大切なこと 年齢は関係ない

マエケンの成績を支えるウィルアイアートンに学ぶ、通訳が重要な3つの理由

広島フランスアの通訳クレートさんの希少価値はこんなに高かった!

 

Sponsored Link
 

関連記事

コメントは利用できません。

プロフィール

プロフィール

41人の面白い!感動!意外!な選手たち

41人の面白い!感動!意外!な選手たち

本気でカープチケットを取りたい人必見

本気でカープチケットを取りたい人必見

今年の冬こそヘルシンキへ!

今年の冬こそヘルシンキへ!

春季キャンプを巡る『7つの楽しみ方』

春季キャンプを巡る『7つの楽しみ方』

ピックアップ記事

2018.11.18

大谷翔平の姉&両親と17の家族物語 |結婚のカギはアーバインの豪邸!?

出典:「http://www.latimes.com/」 大谷翔平選手の結婚の "カギ" を握るのかもしれないカリフォルニア州・ア…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る