中田翔の意外な性格がわかる15の家族物語 | 自宅で妻と娘は大変!?


出典:「https://instagrammernews.com/」

中田翔選手の普段、家での奥さんへの接し方とは。
そういうときでも受け入れてくれるという奥さんは、どういう方なのでしょうか。
その子供との様子からも、中田選手の意外な素顔が見えてきます。

 

強面でやんちゃなイメージもある中田選手。
しかし、その素顔を紐解いていくと意外な一面がたくさん。
チームメイトもまるで家族のような中田選手ですが、そこには驚きの親孝行をする姿も。
初めて年俸が大幅に上がったときに、中田選手がした驚きのお買い物とは一体どういうものだったのでしょうか。

今回は、中田翔選手の意外な性格を、『15の家族物語』と題して紐解いていきます。

Sponsored Link

 

スーパー寂しがり屋!?中田翔の可愛い一面とは


出典:「https://instagrammernews.com/」

一見、強面に見える中田翔選手には “可愛い” と言われる一面が。
以前、中島卓也選手が、ロッカーが隣だという中田選手とのエピソードを話していたことがありました。

 

それは、札幌ドームのロッカーでのこと。
中田選手は、いつも中島選手にちょっかいばかりかけるのだといいます。
鼻かんだティッシュを中島選手のところに置いたりしているのだそう。
それを中島選手は、「大将、何してるんすか」と言って返すのだと笑っていました。

 

さらに、それは西川遥輝選手にも。
西川選手は中田選手を『スーパー寂しがり屋』と表現。
いつも帰ろうとすると中田選手は「もう帰るの?ほんとに?」と聞いてくるのだといいます。
最後には「一緒に帰ろう!」となるのだそう。

 

そんな中田選手は、部屋に一人でもいれないタイプだという証言も。
後輩から “大将” と呼ばれる中田選手ですが、その性格は “スーパー寂しがり屋” の “可愛い人” なのだそうです。

 

中田翔が子供の頃になりたかった “意外な職業” とは


出典:「https://instagrammernews.com/」

そんな中田翔選手には、こんな意外な一面も。
それは、子供の頃になりたかった職業について中田選手が語っていたときのこと。

中学生時代にはすでにプロ野球選手になることしか頭になかったという中田選手ですが、それまでは「僕動物が好きなので、プロ野球選手になっていなかったら、動物園の飼育員さんになっていた」のだと話していました。

 

中田選手は、中学校ぐらいの年齢の時は、家でイグアナや亀など色々なものを飼っていたと話していて、動物が大好きなのだと言っていました。
今も、実家にはティーカッププードルがいるのだという中田選手。
爬虫類とかまで動物は全般が好きなのだそうです。

 

ファンを大切にする!?中田翔の “ずば抜けたファンサービス” とは


出典:「https://www.scoopnest.com/」

中田翔選手のことでファンの間で有名なのが、そのファンサービス。
中田選手はファンサービスの “誠実さ” が、ずば抜けているのです。

 

その様子が、ファンとの距離が近い春季キャンプでわかります。
中田選手は練習後に球場横の砂浜でクールダウンした後、たくさんのファンが来ると全員に並んでもらって、その全員に順番に丁寧にサインや写真に応じている姿があります。
これだけ延々と時間がかかっても全員に応じると言う人は、なかなかいないと思います。

 

そんな中田選手のファンサービスがわかるエピソードが。
それは、砂浜で走りこむ中田選手に、サインが欲しくて小さな女の子が近づいてきたときのこと。
中田選手は、自身の着ていたTシャツにサインを書いて、その子に着せてあげていたのだそうです。

女の子は喜んで、近くで見ていた母親の元に走って帰って行ったのだそうです。

 

丁寧すぎる!?中田翔が後輩に “教えているコト” とは


出典:「https://instagrammernews.com/」

そんな中田選手は、後輩にも意外な一面を見せているのだといいます。
それは、年下の選手たちにマナーを教えているということ。

 

プロ野球では、色々な人とご飯を食べる機会も増えて来るのだという中田選手。
そんなときのためにマナーをきちんとできるように、ご飯に連れていったときには、年下の選手たちは中田選手自身の身振り手振りを交えて、丁寧に教えてもらっているのだそうです。

 

中田選手がそうする理由は、「僕が若い時、先輩方に食事に誘ってもらった」から。
「自分がされて嬉しかったことは下の子たちにもやってあげたい」のだと話していました。

 

中田翔の実家で開催される『中田会』


出典:「https://instagrammernews.com/」

新しく入ってきた新人の選手にも「よろしく」と言って、いつも声をかけてご飯に誘っているという中田選手。
上下関係をなくして、仲良しな雰囲気を作ることに努めているのだそうです。

 

それがわかるのが、『中田会』というイベント。
中田選手がチームメイトを誘って、ご飯に行ったり、実家に招いたり。

 

交流戦で地元の広島に遠征したときには、後輩10人以上を実家に招いて食事会をしている様子が放送されていたことが。
2016年の広島での日本シリーズの前にも、中田選手の呼びかけで決起集会が開かれたのだといいます。
このときには、若手選手が、大谷選手をはじめ、有原投手や西川遥輝選手など総勢15人。
中田選手の母が、大量の手料理を振舞っている様子がありました。

 

「交流戦の時しか帰ってこれないから、楽しみの一つ」と語る中田選手。
後輩たちを呼んで、もてなしている様子がありました。

Sponsored Link

繊細すぎる?!中田翔の意外な “験担ぎ” とは


出典:「https://instagrammernews.com/」

そんな中田選手には、こんな意外な一面も。
それは、中田選手が球場に通うときのこと。

 

車で通っているという中田選手は、「道とかもこだわるからね、ドームまでに行く道とか」とドームまでの道順に “験担ぎ” をしているのだそうです。
ちょっと道を変えたりとか、意味のわからない裏路地を通ってみたりもするのだという中田選手。
そこでチームが勝ったり、自分の調子が良かったりすると、そこから行ってみるのだと話していました。

 

プロ野球選手の中には、こういう験担ぎをしている人は多いです。
打たれるまで髪を伸ばし続けると言って髪がボサボサになってる人とか、最多勝獲得したカープの大瀬良大地投手は、一度試合前にある神社へお参りに行ったときに勝ってからは、必ず通うようになったということも話していました。

中田選手のような繊細な人は、野球に関係ないところでも、こういうところまで気にしてゲンを担いでいるのかもしれません。

 

思い出が詰まっている!?中田翔の実家の様子とは


出典:「https://instagrammernews.com/」

以前、中田選手の実家が放送されている番組がありました。
その家の中には、ポスターやサイン入りのユニフォーム、壁には打点王の布の証書など “中田グッズ” がたくさん。
さらには、”中田グッズ” 専用の一室まで。
その部屋の中には、壁一面に大きな棚と、その上にはびっしりと飾られた額縁に入れられた写真たち。
バットやグラブを始めとする中田グッズがびっしりと飾られていました。

 

その中には、中田選手と母親の思い出の品も。
それは、母親に叱られて中田選手が書いたという「ごめんなさい手紙」と言うもの。
「私怒っているときは口聞かないから」と中田選手が子供の頃の母親は、厳しかったのだといいます。
それに対して、中田選手は手紙を書いてテーブルの上に置いていたのだそうです。

 

「やっぱり宝物ですね」と子供の頃からの思い出を残しているのだという母。
その手紙は、高校進学で親元を離れるときまで書き続けられたのだそうです。

 

親孝行へ!?中田翔の意外な年俸の使い道とは


出典:「http://www.shikoku-np.co.jp/」

その実家は意外なものでした。
2012年にはレギュラーに定着して、初めて年俸が跳ね上がった中田選手。

その年俸推移は、
2008年 1500万
2009年 1200万
2010年 1200万
2011年 1800万
2012年 4500万
2013年 8500万
2014年 1億5000万
2015年 2億
2016年 2億4500万
2017年 2億8000万
2018年 2億
2019年 2億8000万

その年に、ある大きなお買い物をしたのだそうです。
それは、家。広島にいる実家の母へ、自宅をプレゼントしたのだと中田選手は話していました。

 

「家族なしでは僕はいませんから」と大きな親孝行。
今、『中田会』を開いているその実家は、中田選手が母へプレゼントしたものなのかもしれません。

しかし、そんな親孝行の中田選手も紆余曲折を経ていて、やんちゃで親に苦労もかけてしまう時期もあったのだそうです。

 

幼少時代には苦労をかけた!?中田翔の母・香織さんとのエピソード


出典:「https://cyclestyle.net/」

中田選手が野球と出会ったのは、小学2年生の頃。
シニアリーグの日本代表ではエースで四番、4年生の時には体重が70キロと体格にも恵まれて、”お山の大将” といってもおかしくないような時代もありました。
その頃の中田選手が投げたボールが打たれて、守備の子がとれないと、ふてくされることもあったといいます。

 

そういう姿を見て、「一番嫌だった」と振り返っていたのが母・香織さん。
「それなら自分で打って投げて自分で抑えなさい」といつも中田選手に言っていたといいます。

 

香織さんは中田選手が幼い頃に離婚。女手一つで兄弟二人を育ててきた人で、「根性座ってるおかんですからね」と中田選手が語る強い人。
そんな香織さんに中田選手は、「僕も真面目に母親の言うことを聞いて育ってきた人間ではないので、色々なことで迷惑をかけましたし、学校への呼び出しもファイターズでダントツ呼ばれていると言うほどだった」と話していて、たくさん苦労をかけてきたのだと振り返っています。

 

今では、その苦労がわかるという中田選手。
「時間のできた時に海外にでも連れていって、ゆっくり親孝行したい」と語っていました。

 

中田翔の広島鯉城リトルシニア時代!道具を大切にしていたエピソードとは


出典:「https://instagrammernews.com/」

“やんちゃ” だったという中田選手の小学生時代、道具に対する姿勢はきちんとしていたのだといいます。
その頃に所属していた広島鯉城リトルシニアの恩師・國吉和夫さんは当時の中田選手について、「小さい頃から道具にものすごい執着心を持っていたから、チームのお手本だった」と振り返っていて、道具を大切にする姿勢は他の子と比べてもずば抜けていたのだそうです。

 

中田選手は練習が終わって家に帰ると、まず道具を綺麗にしてから、バットとかを自分の部屋に持ち込んでいたのだといいます。
父親や指導者から指導されている子は少なくないかもしれませんが、小学生で自分でバットを毎回綺麗にしているのは、珍しいのではないでしょうか。

 

野球も練習だけは人一倍やっていたという中田選手。
野球に取り組む姿勢は、当時からのものだったのかもしれません。

Sponsored Link

分厚すぎるお財布!?中田翔の豪快エピソード


出典:「https://instagrammernews.com/」

そんな中田選手がプロ入りしたときの契約金は一億。
その急激な周囲の環境の変化に、戸惑うときもあったのかもしれません。
その頃の中田選手には、ある “豪快エピソード” があります。

 

それは、20〜21歳の頃のこと。中田選手がプロ入り後の2、3年目のことです。
当時の中田選手は、自身のお財布の中に常に300万を入れて持ち歩いていたのだと話していたことがありました。。

 

それだけ入れると、お財布のチャックが閉まらないのだという中田選手。それをあえて開けて持っていたのだそうです。
実際には、お買い物をする時はカードで支払いをしていたという中田選手。
そんなお金を使う機会はなかったのだそうで、そんな大金を初めてもらって「かっこつけたかった」のだと当時の中田選手自身を振り返っていました。

 

愛車はあの名車!?中田翔の車事情とは


出典:「https://www.nikkansports.com/」

そんな中田選手の愛車にも、度々注目が集まります。
その愛車とは、ランボルギーニ。
中田選手はこれまでに数台のランボルギーニに乗っていたのだといいます。

 

以前、あるCMの企画でその愛車を買い取るというものが。
その時の中田選手の愛車は、当時走行距離3000キロの平成26年式ランボルギーニア ヴェンタドール。
その売ろうとした理由は、「不便だから」という中田選手。

 

中田選手が予想した査定価格は “4800万”。
「それよりも300万高くないと売らない」と発言した中田選手でしたが、実際の査定価格は「5350万」で中田選手自身も驚き。
その理由は、状態が綺麗だったのと何より「中田選手が乗っていた」ということでした。

 

そのほかにも、2017年には試合の賞で1年間のオーナー権を獲得したということもあったり、車にはいろいろなところで乗り換えている中田選手。
今は、新しいものに乗り換えているのかもしれません。

 

「好きなものだけ食べていた」!?中田翔の食生活


出典:「https://instagrammernews.com/」

そんな中田選手は、最近数年で変化したという食事情が。
以前の中田選手は、「好きな時間に好きなものを食べていた」と話していたことがありました。
体重が増えてきたなあと思ったら朝昼晩抜いたりとか、そういう身体に悪いようなことをしてきていたといいます。

 

そんな中田選手を変えたのが、稲葉篤紀さんと金子誠さんの引退。
2016年の春のキャンプの時には初日から朝ごはんを食べていて周囲を驚かせていたのだそうで、そのチームメイトの驚きからも中田選手のそれまでの食生活がわかります。
そのキャンプでの朝ごはんでも、サラダだけを食べていたのだそうで、体重のことなども考えているという印象を周囲も感じ取ったのだそうです。

それまでの中田選手の食生活が乱れていたのには、中田選手が夜に友人と遊びに出かけるのが好きだったということもあるのかもしれません。

 

朝が弱い!?中田翔の睡眠事情とは


出典:「https://instagrammernews.com/」

夜に仲間とごはんに出かけたり、遊びに行くことが楽しみなのだということを話していたことがある中田選手。
それは、中田選手の睡眠にも影響を与えていたのだといいます。

 

中田選手は「朝が本当に弱い」ということも話していて、WBCのときには同じく選出されていた中島卓也選手が中田選手から「明日朝何時?」と聞かれて、”目覚まし係” をしていたのだと言っていました。

 

以前、中田選手は「僕睡眠3時間あったら、試合いけます」と話していたこともあって、体力がある故に体調管理を怠りがちだったということもあったのかもしれません。
中田選手は2018年からはチームのキャプテンに就任。
中田選手が変わってきているのには、チームをまとめる模範となる存在、という責任も中田選手自身にできているからなのかもしれません。

 

妻と娘は大変!?中田翔の結婚と子供との生活とは


出典:「https://instagrammernews.com/」

中田選手が婚姻届を提出したのは、2012年1月11日。
奥さんは大阪桐蔭の同級生で、当時通っていた京都市内の大学を卒業するタイミングでの結婚でした。

 

中田翔を叱ることもある人なのだという奥さん。
中田選手の母もしっかりした人ですが、奥さんはそんな母に似た人なのかもしれません。

 

しかし中田選手は以前、「打てないときは、帰っても一言も喋らない」ということを話していたことがありました。
シャワーも球場で浴びて帰るので、家帰ったら着替えて寝るだけという感じになってしまっているのだという中田選手。
仕事が野球なので、そのことしか考えられなくなってしまうのだそうです。

 

奥さんにとっては、難しい面もある中田選手。
奥さんは試合もテレビで見ているのだそうで、「今日は機嫌悪いだろうな」とか考えているのではということも。
それでも、そういうところも受け入れてくれる人なのだと中田選手は話していました。

 

しかし、そういうときにも子供は「ワイワイしている」のだと言っていました。
二人の娘がいる中田選手。打っているときは、中田選手が帰宅すると玄関まで走ってくるのだそうで、すると中田選手は抱っこしているのだそうです。

 

(大谷翔平選手の意外な素顔がわかる記事はこちらから読めます。)

 

春季キャンプ見学へ行く人へ↓↓

 

 
Sponsored Link

関連記事

コメントは利用できません。

プロフィール

プロフィール

41人の面白い!感動!意外!な選手たち

41人の面白い!感動!意外!な選手たち

本気でカープチケットを取りたい人必見

本気でカープチケットを取りたい人必見

今年の冬こそヘルシンキへ!

今年の冬こそヘルシンキへ!

春季キャンプを巡る『7つの楽しみ方』

春季キャンプを巡る『7つの楽しみ方』

ピックアップ記事

2018.11.18

大谷翔平の姉&両親と17の家族物語 |結婚のカギはアーバインの豪邸!?

出典:「http://www.latimes.com/」 大谷翔平選手の結婚の "カギ" を握るのかもしれないカリフォルニア州・ア…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る