PPAPを熱唱!? 甲子園の人気者・藤嶋健人の現在がわかる7つの物語


出典:「https://www.youtube.com/」

藤嶋健人投手がピコ太郎の “PPAP” を歌って踊ることになった、一連の出来事とは。
あるグループの歌を、メディアで披露している藤嶋投手を見ていると、藤嶋投手の陽気なキャラクターがわかります。

 

そんな藤嶋投手が小学生時代に相手ベンチの監督から怒られた出来事とは、一体どういうものだったのでしょうか。
ドラゴンズでの堂々たるピッチングの裏には、少年時代からの両親からの教育があったのかもしれません。

今回は、藤嶋投手の性格を『7つの物語』と題して紐解いていきます。

Sponsored Link

 

父親は対照的な性格!?藤嶋健人の少年時代とは


出典:「https://sports.yahoo.co.jp/」

藤嶋健人投手が生まれたのは、ドラゴンズの地元でもある愛知県の豊橋市。
3人兄弟の末っ子として、兄と姉と一緒に育ちました。

 

そんな藤嶋投手が本格的に野球を始めたのは、小学2年生の頃。
野球を教えてくれたのは、父・廉英さんだったと言います。

 

母の正美さんも以前、ある番組で「ほったらかしの子供だったもんで、好き勝手やらしていた」と話していて、自由に育ったのだそうです。
藤嶋投手の自由奔放な性格は、そのおかげなのかもしれません。

 

藤嶋投手は、自分の性格とは対照的に、父はシャイな方だと言っていました。
プロ初勝利をあげた次のお休みの日に実家に帰って、初勝利のボールを父に渡してきたのだという藤嶋投手。
父は照れながら、「ありがとう」と言ってくれたのだそうです。

 

“感情豊か” は小学生時代から!?藤嶋健人のピッチングスタイル


出典:「https://www.tonichi.net/」

藤嶋投手はドラゴンズでは割とクールなイメージもありますが、プロに入る前の藤嶋投手の特徴といえば、マウンドでの気迫溢れる雄叫び。
チームメイトを鼓舞して盛り上げるためなのだと、話していたこともありました。

 

そして、その雄叫びは小学生時代からなのだといいます。
小学生のときには雄叫びをあげる藤嶋投手を、相手チームの監督が「マウンド上の態度が悪い」と怒ることも。

 

「ああいうピッチングスタイルが、好きなんだと思います」と話していた藤嶋投手。
闘争心はかなり強い性格なのかもしれません。

Sponsored Link

極度のいじられキャラ!?藤嶋健人の性格がわかる東邦高校時代とは


出典:「https://www.nikkansports.com/」

藤嶋投手の東邦高校時代は、エースで4番。そしてキャプテン。
そんなチームの中心選手として活躍していた藤嶋投手でしたが、チームの中では “いじられキャラ” だったといいます。

 

チームメイトたちは藤嶋投手に、「主将!主将!」といじってきていたのだと話していた藤嶋投手。
ミーティングで藤嶋投手がキャプテンとして話していても、みんな好き勝手話していて聞いていないことも。
けれども、”やるときはやる” という和気藹々とした雰囲気だったのだそうで、明るいキャラクターとしてまとめていたのだそうです。

 

高校野球の名門チームって、厳しくてキャプテンの言うことには従う、というイメージがあります。
しかし、藤嶋投手を見ていると、周りの選手たちが藤嶋投手にふざけてきて、ワイワイしているのが印象的。
そういう藤嶋投手のつくる陽気な雰囲気が、3年間で甲子園出場3回という強いチームをつくっていたのかもしれません。

 

藤嶋健人が挫折の経験から学んだこととは


出典:「https://www.daily.co.jp/」

そんな藤嶋投手ですが、2年生の頃には大きな挫折を経験しています。
それは、コールド負けで先輩たちの最後の夏を終えさせてしまったこと。

 

こういうのを見ると、高校野球のピッチャーって大変だなあと思ってしまいますが、藤嶋投手は「ここから自分がやらないと、先輩たちの努力が無駄になってしまう」と、すぐに切り替えて新しいチームの練習に入っていたのだといいます。

 

ここで学んだのは、”気持ちを切り替えること” だと話していた藤嶋投手。
「ダメなときは、すぐに切り替えてやっていかないと。勝負の世界なので」
今では先発ピッチャーとしてプロで活躍する藤嶋投手ですが、打たれても次の試合では前の試合を引きずらないのは、こういう気持ちの技術を持っているからなのかもしれません。

 

歌うのが好き!?藤嶋健人の好きなグループとは


出典:「https://twitter.com/」

藤嶋投手はドラフト指名を受けてメディアに出ていたとき、度々歌を披露していることがありました。
藤嶋投手は歌うのが好きで、移動中にもよく歌っていたのだそうなのです。

 

そんな藤嶋投手が好きなのは、”EXILE”。
以前番組で熱唱していたのは、EXILEの『運命のヒト』
そういえば、今年のドラフトで注目を集めた根尾昂選手も、寮の部屋でよく『We are the world』を歌っているとチームメイトに言われて、歌っていました。

 

藤嶋投手が2018年シーズンにナゴヤドームで登場曲に使っていたのは、『Heads or Tails』
その前の8月頃までは、『Rising Sun』でした。

Sponsored Link

“PPAP” を熱唱!トークイベントでも大活躍の藤嶋健人


出典:「https://www.youtube.com/」

色々な番組で歌っていたことから、ドラゴンズの入団発表会で司会者からリクエストされてしまう場面もありました。
そのときに藤嶋投手が歌ったのは、ピコ太郎の『PPAP』
隣で聞いていた、同期入団の柳裕也投手が笑いながらも驚いていたのが印象的でした。

 

それからもスタンドのファンから “燃えよドラゴンズ” をリクエストされて、グラウンドで歌っていたり。
そして、その明るいキャラクターは、トークショーでも発揮されています。
藤嶋投手のトークは、新人とは思えないくらい饒舌で面白いです。

 

(平田良介選手が力を入れる家族サービスとは!?)

 

「テンパった」!?”上原フォーム” で飛躍した1年目の現在


出典:「https://www.nikkansports.com/」

2018年の一年目、松坂大輔投手の試合前アクシデントで、急遽藤嶋投手が代理先発して初勝利。
その試合で藤嶋投手を見たとき、巨人の上原投手そっくりでびっくりしたのを覚えています。

 

藤嶋投手はそのフォームについて、「ユーチューブを見まくって左手の使い方、リリースの角度を真似した」と話していましたが、6月28日の巨人戦の試合前練習で上原投手との初対面が実現しています。

 

そのときの藤嶋投手は、上原投手が練習しているのをじっと見ていて、話しかけるタイミングを見計らっていたのだと言っていました。
その様子を見た巨人の広報の人が上原投手に伝えて、ベンチ裏での初対面が実現。
「聞きたいことを聞いたら、すごく細かいことまで教えてもらえた」と、たくさん質問したことを話していた藤嶋投手でした。

 

藤嶋投手はチーム内でも松坂大輔投手や山井大介投手ら先輩たちにたくさんのアドバイスをもらっていると言っていたことがありましたが、やっぱりプロで長く活躍してきた人たちのアドバイスは何よりも力になると思います。
そして、そういうアドバイスをもらえているのは、藤嶋投手の明るいキャラクターがあるのかもしれません。

 

\面白い!意外!感動!プロ野球選手たちの生き方を紹介してます↓↓/

Sponsored Link
 

関連記事

コメントは利用できません。

プロフィール

プロフィール

41人の面白い!感動!意外!な選手たち

41人の面白い!感動!意外!な選手たち

本気でカープチケットを取りたい人必見

本気でカープチケットを取りたい人必見

今年の冬こそヘルシンキへ!

今年の冬こそヘルシンキへ!

春季キャンプを巡る『7つの楽しみ方』

春季キャンプを巡る『7つの楽しみ方』

ピックアップ記事

2018.11.18

大谷翔平の姉&両親と17の家族物語 |結婚のカギはアーバインの豪邸!?

出典:「http://www.latimes.com/」 大谷翔平選手の結婚の "カギ" を握るのかもしれないカリフォルニア州・ア…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る