父と慕う存在と母の意外な関係!中村奨成の性格を紐解く7つの物語


出典:「https://www.jiji.com/」

甲子園であれだけ活躍してプロへ進む人には、たいてい人とは違う経歴があります。
中村奨成選手は幼い頃に両親が離婚。
母がしてくれた意外な努力とは一体どういうものだったのでしょうか。

 

中村選手はもう一つ、特別な出会いがありました。
それは、広陵高校の中井監督です。
しかし、その出会いは衝撃的なものでした。

今回は、そんな中村奨成選手の性格を母、そして中井監督との関係から紐解いていきます。

Sponsored Link

 

中村奨成の子供時代!母・啓子さんが務めたもう一つの役割とは


出典:「https://sportiva.shueisha.co.jp/」

中村奨成選手が3歳の頃、両親が離婚。
母・啓子さんに女手一つで育てられました。
そして中村選手は小学一年生の頃、野球を始めました。

 

そんな啓子さんは忙しい仕事の合間を縫っては、中村選手の野球の練習や試合の応援に駆けつけていたと言います。
練習がない日には道路で母とキャッチボール。
小学6年生までの間、母が練習相手も努めていたのだそうです。

 

こういう家での練習って、多くの野球少年は父親としていると思います。
熱心な父親は家に練習場所を作ってしまったり、野球経験者の父親ならばアドバイスも指導もしている人も少なくありません。
啓子さんは父親の役割まで担っていたというので驚きです。

 

(母は息子を心配しているという田中広輔選手の記事はこちらから読めます。)

 

その通りの子に育っている!『奨成』という名前の由来とは


出典:「http://column.sp.baseball.findfriends.jp/」

『奨成』という名前は母の啓子さんが名付けたと言います。
その名前の由来は「夢に向かって、その夢をつかめるように」という想いがあるのだそうです。

 

『奨』という文字には「周りから慕われるリーダーになる人に」という想いも込められることがあるようです。
今の中村選手を見ると、こういう母の想いの通りの人になってきているのではないでしょうか。

 

Sponsored Link

「なんだその頭は」!?中村奨成と中井監督との出会いとは


出典:「https://www.asahi.com/」

そんな中村奨成選手が注目された夏の甲子園やカープでの様子を見ていると、とても礼儀正しい人に見えます。
しかし、中学時代はまた違う人柄だったのでしょうか。

中学から大野シニアというチームに入っていた中村選手ですが、1年の始めの頃からレギュラーになったと言います。
「広島に自分より上手なキャッチャーはいない」と言うほど抜きん出ていて、また野球を甘く見ていた時もあったのだそうです。

 

そんなやんちゃだったという時期、中村選手はスカウトに来た広陵高校の中井哲之監督に出会いました。
しかし、その出会いは衝撃的なもの。

中村選手の髪が長くて「なんだその頭は」「すぐ切りなさい」と言われたのだそうです。
ソフトモヒカンだったという中村選手の髪を見た中井監督は、母や周りの人が恥をかくからとすぐに髪を切らせたと振り返っていました。

 

そういう出会いから全国の強豪校のスカウトを断って、地元の広陵高校へ進むことになりました。
「一からやり直させてもらった」と中村選手は話している通り、中村選手にとってこれが重要な出会いになりました。

 

信頼関係は絶大!?中村奨成にとって中井監督の存在とは


出典:「https://www.sankei.com/」

そんな衝撃的な出会いから始まった中村奨成選手と中井監督。
中井監督は父親のような存在なのだと言います。

 

中村選手は、「中井監督の教育で野球に対する向き合い方とか考え方が本当に変わった」ということや、「中井先生の背中を見ておけばこの先も立派な大人になれると思います」と語っていて、その存在の大きさがわかります。
一方で中井監督も「親父ぐらいの気持ちで付き合っていた」と中村選手にとって、離婚で離れてしまっている父の代わりにもなるような存在なのかもしれません。

 

中村選手について語る中井監督の言葉の端々には中村選手の母親についての言葉がよく出てきます。
『母のためにがんばってほしい』というのが中井監督の中村選手への想いなのかもしれません。

 

中村奨成がキャッチャーを選んだ意外な理由とは


出典:「https://number.bunshun.jp/」

中村選手がキャッチャーを選んだのは、小学3年生の頃。
ポジションもよくわからない中で先輩の練習を見ていた時でした。

一人だけ反対方向を向いている選手がいて、そこに興味を持ったのだと言っていました。
それで、「これやります」と選んだのだそうです。

 

小学生の野球の場合、たいてい目立つのはピッチャーやバッターです。
しかし、この頃からキャッチャーという特殊なポジションに目をつけたという中村選手はこの頃から特殊なものの見方をする選手だったのかもしれません。

 

(また違う意外な理由でキャッチャーを選んだ磯村嘉孝選手の記事はこちらから読めます。)

 

Sponsored Link

過酷な野球漬け!中村奨成の寮での息抜きとは


出典:「https://www.nikkei.com/」

中村選手が在籍していた頃、広陵高校の寮には約140名の野球部員が共同生活をしていたと言います。
洗濯機は60台、スマホ禁止、2人部屋での生活でした。

 

そんな野球漬けの生活の中で勉強もやらないといけないので、相当過酷な生活だったのではないでしょうか。
そんな中で必要になるのが、ちょっとした息抜き。
中村奨成選手にとってのそれは、音楽を聞くことだったと言います。

 

中村選手はジャスティン・ビーバーが好きだったり、福山雅治さんの曲を聞いていたのだそうです。
母の啓子さんが福山さんの大ファンで、小さい頃からよく聞いていたことがきっかけ。
寮の部屋には “桜坂” のCDが置いてありました。

 

カープでも高卒選手は5年間寮に入りますが、プロでの練習はもっと過酷。
競争も激化して精神的にも辛い時だってあると思います。
今はスマホも使えると思いますし、できることは増えていると思いますが、ときには息抜きだって必要になるかもしれません。

 

(大学時代の寮母さんがもう一人の母という大瀬良大地投手の記事はこちらから読めます。)

 

甲子園で交わした母との約束とは


出典:「https://www.zakzak.co.jp/」

中村選手は甲子園で決勝まで進みましたが、母の啓子さんと約束していたことがあったと言います。
それは、”優勝” と “ホームラン” なのだそうです。
「ホームランは果たしたけど、優勝は果たせなかったから悔しい」と決勝戦後のインタビューで話していました。

 

それでも一躍有名になってドラフト一位でプロの世界へ。
これ以上ない母へのプレゼントになったのではないでしょうか。

 

こういう親への想いを持っている選手は大成すると言います。
カープの緒方孝市監督が野間峻祥選手をドラフト一位で欲しいと言ったときも、女手一つで育ててくれた母への想いをもつ野間選手の気持ちのことも話していました。

中村選手は甲子園でその実力を見せてくれましたが、それ以上にその想いとこれからの努力に期待したいです。

 

(幼少期に両親が離婚して女手一つで育った野間峻祥選手の記事はこちらから読めます。)

\面白い!意外!感動!プロ野球選手たちの生き方を紹介してます↓↓/

Sponsored Link
 

関連記事

コメントは利用できません。

プロフィール

プロフィール

41人の面白い!感動!意外!な選手たち

41人の面白い!感動!意外!な選手たち

本気でカープチケットを取りたい人必見

本気でカープチケットを取りたい人必見

今年の冬こそヘルシンキへ!

今年の冬こそヘルシンキへ!

春季キャンプを巡る『7つの楽しみ方』

春季キャンプを巡る『7つの楽しみ方』

ピックアップ記事

2018.11.18

大谷翔平の姉&両親と17の家族物語 |結婚のカギはアーバインの豪邸!?

出典:「http://www.latimes.com/」 大谷翔平選手の結婚の "カギ" を握るのかもしれないカリフォルニア州・ア…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る