中学時代の意外な選択とは!?阪神・才木浩人の母と父と7つの家族物語


出典:「https://instagrammernews.com/」

才木浩人投手の野球人生を変えた、”ある出会い” とは。
“才木イズム” と言われる理由から、その性格が見えてきます。

 

才木投手の母・久子さんはアスリートの経歴の持ち主。
その実績とは一体どういうものだったのでしょうか。
久子さんの才木投手への教育から、その周りの人へ接する姿勢や野球へ取り組む姿勢が培われて行ったのかもしれません。

今回は、才木浩人投手の母や父、そして仲間や恩師とのエピソードを『7つの家族物語』と題してご紹介します。

Sponsored Link

 

才木浩人の意外な “野球との出会い” とは


出典:「https://www.daily.co.jp/」

才木浩人投手が野球を始めたきっかけは、母・久子さんの勧めでした。

才木投手に、「サッカーか野球のどちらかを勧めようとしていた」という久子さん。
家の近くに野球のチームがいくつかあったのだそうです。
それがきっかけで久子さんは才木投手に、「野球やってみない?」

 

それで野球を始めた才木投手でしたが、幼稚園の頃にずっと好きだったのはサッカー。
当時、野球にはあまり乗り気でなかったのだと話していました。

 

もし家の近くにサッカーチームがあったなら、久子さんはサッカーを勧めていたかもしれません。
何気ないきっかけでハマってしまい、そのまま熱中していたらプロになっていた、みたいなことって意外に多いのかもしれません。

 

スパルタ教育!?才木浩人の母・久子さんのアスリートの経歴とは


出典:「https://www.nikkansports.com/」

野球を勧めてくれた母・久子さん
久子さん自身もスポーツ経験者なのです。

ハンドボールをしていた久子さんは、大阪体育大学時代に全国2位になった人。
自身がアスリートだったということもあり「あまり甘えさせられない人なので」と、才木投手が「ここが痛い、こっちが痛い」と言うようなことがあっても久子さんは「大丈夫」と言ってしまうのだと話していました。

 

プロ野球選手を見ていると、親が野球経験者という人は少なくないです。
才木投手の母のように自身がアスリートであれば、子供の食生活の管理や気持ち的なこともわかっていることが多いと思います。
そういうところでも才木投手は子供の頃から久子さんの “アスリート教育” を受けてきたのかもしれません。

Sponsored Link

兄を追いかけて!?才木浩人の中学時代の “意外な選択” とは


出典:「https://baseballgate.jp/」

中学校へ進学した才木投手は、野球部へ入部。
その選択は、プロ野球を目指す人の中では珍しいことかもしれません。

 

プロを目指す選手は、高校野球に備えて “硬式野球” を選択する人が多いです。
しかし、才木投手が選択したのは、学校の “軟式野球”。

 

それもあったのか、強豪の私立高校から声がかかることはなく、3歳上の兄・智史さんが通っていた地元の公立高校へ進学しています。
才木投手にとって、この選択が人生を変えたのかもしれません。

 

才木浩人の人生を変えた “ある出会い” とは


出典:「https://instagrammernews.com/」

神戸市立須麿翔風高校へ進んだ才木投手。
野球部で中尾修監督と出会いました。

中尾監督は才木投手について、「高校へ入ってきたときは、全くプロへ行けるという感じではなかった」と振り返っていました。
身体は大きいけれど、野球が好きな普通の高校生。当時の球速は、120キロだったといいます。

 

しかし、中尾監督のある言葉が才木投手の野球人生を変えることになります。
その言葉とは、「手も長いし、しなやかで、身長もある。これだけ条件が整っていて、プロを目指さないと野球の神様に失礼だ」というもの。
才木投手のような188センチの身長は誰にでもあるものではないですし、野球をする上では “身長がある” というのはそれだけで “ポテンシャル” と言われてしまうぐらいの才能です。

 

その言葉を受けてから、才木投手は向上心が芽生えていきます。
才木投手は食事とトレーニングで身体を大きくすることをはじめ、野球に必死に取り組んだ結果、プロ注目のピッチャーになっていったのです。

 

まるで家族のよう!?才木浩人の “才木イズム” とは


出典:「https://instagrammernews.com/」

そんな才木投手は “ムードメーカー”。
高校時代は文化祭でも漫才に参加したり、周りを喜ばせることを積極的にする人。
3年間、クラス代表を務める人気者だったのだそうです。

 

野球部での才木投手も周りから尊敬される存在。
後輩にも「食事もトレーニング」ということなどを姿勢で示して、生きた教材として慕われていたと言います。
手を抜くことなく取り組む姿勢を見ていた中尾監督が “才木イズム” というほど、学校に影響を与えた人だったのだそうです。

 

こういう才木投手の “周りの人を大切に接する” 姿勢は、まるで家族のようです。
明るく接する姿が、周りを惹きつけるのかもしれません。

Sponsored Link

才木浩人の性格がわかる、チームメイトとのエピソード


出典:「https://instagrammernews.com/」

そんな才木投手の優しい性格がわかるエピソードがあります。
それは、高校時代の試合でエラーをした人がいて、ピンチになってしまったときのこと。

 

マウンドにチームメイトが集まった時、才木投手がそのエラーをした人のほっぺを冗談ぽくつまみ、リラックスさせようとしてくれたのだそうです。
ピンチの場面では、ピッチャーが一番プレッシャーがかかるもの。
そんな状況でも才木投手は、エラーしたチームメイトを気遣っていたのでした。

 

複雑な親心!?才木浩人の両親の心配とは


出典:「http://gensun.org/」

そんな才木投手でも、両親は心配なのだと言います。
父・昭義さんも母・久子さんも、『スポーツ選手としての未来や希望、楽しみはあるのだけれど、親としては将来が不安』と才木投手がプロへ進むことへの複雑な親心。

 

「故障してダメになったらどうなるんだろう」という心配もあるのだそうです。
もちろんプロ野球選手全員が活躍できるわけではないですし、毎年たくさんの選手が戦力外通告を受けて去らなければならないです。

しかし、才木投手は、「プロで頑張っている姿を見せて、感謝を、恩返しをしていきたい」と両親への想いを語っていました。

 

\面白い!意外!感動!プロ野球選手たちの生き方を紹介してます↓↓/

Sponsored Link
 

関連記事

コメントは利用できません。

プロフィール

プロフィール

41人の面白い!感動!意外!な選手たち

41人の面白い!感動!意外!な選手たち

本気でカープチケットを取りたい人必見

本気でカープチケットを取りたい人必見

今年の冬こそヘルシンキへ!

今年の冬こそヘルシンキへ!

春季キャンプを巡る『7つの楽しみ方』

春季キャンプを巡る『7つの楽しみ方』

ピックアップ記事

2018.11.18

大谷翔平の姉&両親と17の家族物語 |結婚のカギはアーバインの豪邸!?

出典:「http://www.latimes.com/」 大谷翔平選手の結婚の "カギ" を握るのかもしれないカリフォルニア州・ア…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る