結婚に込めた母への想いとは!? 梅野隆太郎の父と母と7つの家族物語


出典:「https://instagrammernews.com/」

梅野隆太郎選手が入籍した “日にち” に込めた想いとは。
小学生の頃に訪れてしまった、ある出来事。そこから梅野選手のプロ野球選手になるための取り組みが始まります。
そして夢を叶えて、2017年には結婚。そこには、母への想いがありました。

 

梅野選手が “兄” と慕う人の存在とは。
プロ野球選手を夢見た小学生時代からのつながりで、梅野選手にとって大きな存在なのかもしれません。
梅野選手の生き方を見ていると、本当に一生懸命やってきた人なんだと思います。

今回は、そんな色々なものを乗り越えてプロ野球選手になった梅野隆太郎選手の家族、そして恩師とのつながりを『7つの家族物語』と題して紐解いていきます。

Sponsored Link

 

梅野隆太郎の幼少時代と父・義隆さんの教育とは


出典:「http://blog.livedoor.jp/」

梅野隆太郎選手が野球と出会ったのは、小学2年生の頃。
そこには野球が大好きな父・義隆さんの影響がありました。

 

地元・福岡の片縄ビクトリーへ入団した梅野選手は、その頃から身体を動かすことが好きな少年。
そして、とにかく野球が好きで、毎日楽しく練習に通っていたのだそうです。

 

そんな梅野選手にとって大きかったのが、義隆さんの教育でした。
義隆さんが梅野選手が野球を取り組むことに対して言っていたのは、「やろうと思ったことは最後までやり続けろ」という言葉。
一つのことに向き合う姿勢を教えていたのだそうです。

そして、ここから梅野選手の野球と家族との物語が始まっていきます。

 

母・啓子さんと梅野選手のエピソードとは


出典:「http://blog.livedoor.jp/」

そんなとき、梅野選手の母・啓子さんが、ガンの余命宣告を受けてしまうことになります。
まだ梅野選手が小学生の頃のこと。梅野選手の野球が大好きな姿を見ていた啓子さんは、義隆さんへ「プロ野球選手になれるならそうしてあげてください」とお願いしていたのだと義隆さんが話していました。

 

このとき、小学生の子供だった梅野選手にとっては大きすぎる出来事だったと思います。
この頃はユニフォーム姿で病院へお見舞いに行くことが多かったという梅野選手。
梅野選手自身も、母から「野球選手になってほしい」という言葉は受けていたのだそうです。

 

このときはまだ義隆さんは、「プロはちょっと無理だろう」ということも思っていたといいます。
しかし、梅野選手はここから野球に取り組む姿勢が変わっていくことになります。

Sponsored Link

飛び込んだ強豪!?梅野隆太郎の姿勢が変わった中学時代


出典:「https://instagrammernews.com/」

梅野選手は中学へ進学して、那珂川シャークスに入団。
早くもプロ野球を意識して、硬式野球のチームを選択したのです。
そして梅野選手は、それまで以上に野球に真剣に向き合うようになったといいます。

 

しかし、那珂川シャークスは特待生ばかりが集まるチームで、梅野選手にとってその環境はけっして楽なものではなかったかもしれません。
このチームで優秀なチームメイト達と切磋琢磨して、梅野選手は高校へ進学する時にはいくつかの強豪校から誘いが来るようになっていました。

 

プロへ急ぐ梅野隆太郎!?人生を変えた恩師との出会いとは


出典:「https://instagrammernews.com/」

高校へ進学すると、梅野選手はすでにプロ野球への意識があったのかもしれません。
強豪・福岡工大附属城東高等学校の恩師・杉山繁俊さんは当時の梅野選手について、「夢を現実にするために常に考えながらやっている子だった」とすでに目標を明確に持っていたことを話しています。

 

そのために毎日毎日一生懸命練習していた梅野選手へ、杉山さんは「今日ぐらいは早くやめて帰りなさいよ」と言ったことまであったのだそうです。
しかし、「早くプロへ行きたかった」とプロへ急ぐ梅野選手。

 

そんな梅野選手に杉山さんは、梅野選手に大学進学を勧めていました。
高校からプロへ行くよりはもう一つレベルを挟んで大学で実力を積んだ方が、プロで長くやるためには良いのではという想いがあったのです。
梅野選手にいつも寄り添って考えてくれる監督で、杉山さんとの出会いは梅野選手の人生にとって重要なものでした。

 

「正捕手奪取」!梅野隆太郎の大学時代とは


出典:「https://instagrammernews.com/」

地元の福岡大学へ進学した梅野選手。
1年目から必死にやって、たくさんのタイトルを獲得しています。

地方大学では初となる全日本のキャプテンに抜擢。
とにかくプロへ進むための足がかりを作っていきます。
そして念願のドラフトで阪神タイガースが指名。小学生時代から母と約束した夢が叶ったのです。

 

大学の寮を出る時には、その扉に「正捕手奪取」という決意を書いて出発。
これだけプロへの道を熱望してきた梅野選手にとっては、自分の気持ちに一区切りついた時期だったかもしれません。

 

プロ野球はドラフト制度で、各チームがそれぞれ足りない部分を補うために指名する選手を選択します。
なので、その年によっては、良い選手でもご縁がなければ指名から漏れてしまうことだってあります。
特にキャッチャーというポジションは特殊で、このポジションとして指名される人はほんの一握り。
そんな中で勝ち取った指名でした。

Sponsored Link

梅野隆太郎が “兄” と慕う「はやちゃん」とは


出典:「https://instagrammernews.com/」

梅野選手がプロ野球を夢見た小学生時代。
その頃から「はやちゃん」と兄のように慕う人がいます。

 

それは、”つむら” というお店の店長・横尾隼士さん。
梅野選手の少年野球時代の4つ上の先輩で兄のような存在だった人なのだそうです。

 

小さい頃から横尾さんが学校から帰って来たら、梅野選手が家にいたということがよくあったというほど親しくしていた人。
梅野選手は、横尾さんとは今でもよくご飯食べに言っているそうで、交流戦の福岡遠征のときもお店を訪れています。

 

梅野隆太郎が結婚に込めた母への想いとは!?


出典:「https://instagrammernews.com/」

そんな梅野選手は2017年3月21日に入籍。
相手は福岡県出身の二つ上の人で、大学3年の夏に知人の紹介で知り合ったのだと言っていました。

 

それも美容師をしていたのを辞めて、梅野選手のサポートをするためにアスリートフードマイスターの資格を取得。
今は芦屋市で一緒に暮らしていて、梅野選手を支えている存在です。

 

そして、入籍をした “3月21日” というのは、梅野選手の母の誕生日。
「プロ野球選手になれたことも、結婚できることも、母のおかげ」とその感謝を口にしての入籍でした。

 

\面白い!意外!感動!プロ野球選手たちの生き方を紹介してます↓↓/

Sponsored Link
 

関連記事

コメントは利用できません。

プロフィール

プロフィール

41人の面白い!感動!意外!な選手たち

41人の面白い!感動!意外!な選手たち

本気でカープチケットを取りたい人必見

本気でカープチケットを取りたい人必見

今年の冬こそヘルシンキへ!

今年の冬こそヘルシンキへ!

春季キャンプを巡る『7つの楽しみ方』

春季キャンプを巡る『7つの楽しみ方』

ピックアップ記事

2018.11.18

大谷翔平の姉&両親と17の家族物語 |結婚のカギはアーバインの豪邸!?

出典:「http://www.latimes.com/」 大谷翔平選手の結婚の "カギ" を握るのかもしれないカリフォルニア州・ア…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る