子供とママチャリ自転車で移動!エルドレッドから学ぶ大切な心構えとは


出典:「https://www.daily.co.jp/」

活躍の機会を求めて日本のプロ野球のスカウトを受けてやってくる外国人選手は多いです。
エルドレッド選手もメジャーで思うように活躍できない中で、カープのオファーを受けて2012年の6月末広島にやってきました。

それからもう7年目になってすっかり広島におなじみの顔になっています。

エルドレッド選手は日本人に好かれる勤勉さだったり、日頃から自転車で広島の街を駆け回っています。
これだけ街で一般の人との写真がツイッターにあがる選手は広島の日本人選手でもいないです。

 

今、海外に強い転職エージェントを通して海外で職を見つけて引っ越してしまう人や、地方に安く空き家を借りて移住するのが人気だといいます。

エルドレッド選手は広島の街で6年以上も住んでいることになるので、まさにその今ブームの地方移住というか、海外地方都市移住という感じで4人の愛娘も広島にいれば完全に移住と言っていいと思います。
その海外地方都市移住をうまくやっているのには、馴れ親しむための”ある心構え”がありました。
今回はエルドレッド選手がどのように広島で過ごしているのか見ていきましょう。

 

 

ママチャリ自転車で子供を乗せて街に出かけている


出典:「https://twitter.com/」

アメリカでは自転車で移動することはなかったというエルドレッド選手ですが、日本では広島の街中で子供を載せる椅子付きのママチャリ自転車で子供と一緒に相次いで目撃されています。
広島市内ではすっかりママチャリ自転車がエルドレッド選手のおなじみの光景となっていて、「日本ではライフスタイルの一部となっている」と話しています。

 

そのママチャリ自転車は初めは以前カープにいた現ソフトバンクのサファテ投手にもらったものだそう。

 

今はもう一台買って、奥さんと乗り合っているといいます。
エルドレッド選手は子供を乗せられる自転車はアメリカには存在しないと言っていたので、奥さんもママチャリは日本で初挑戦ということになりますね。

奥さんとも子供を連れて自転車でいろいろなところに行っていて、エルドレッド家の「自家用車」となっています。

 

子供も奥さんも広島に馴染んでいる


出典:「https://www.instagram.com/」

エルドレッド選手には4人の愛娘がいます。
度々インスタグラムで一緒に過ごしている様子を投稿していて、見ていて微笑ましいです。

 

奥さんのシンシアさんも含めて子供達はすっかり日本の環境に慣れていて、2016年には長女のエイブリーちゃんが公立小学校に入学しています。
日本語も上手になっているようですが、やはり子供はのみこみが早いからなのでしょうか。

僕は英語に苦労したので、子供の頃から異文化に慣れ親しんでいるエイプリーちゃんが羨ましいです。

 

エルドレッド選手の番組でのインタビューを見ていると、ときどき日本語を混ぜたりしていますが上手です。
日本語って同じような言葉がたくさんあって理解するのも難しいと思いますが、上達が早いです。

 

「まずはやって見る」という精神でなんでもやってみる


出典:「https://www.instagram.com/」

エルドレッド選手は2018年でカープ在籍が7年目になり、チームの歴代外国人選手として最長となりました。
なぜこれだけチームや広島の人たちに馴染むことができたのか、それにはエルドレッド選手のとても重要な”ある心構え”がありました。

それは、「オープンマインド」を合言葉にとりあえずやってみるということを心がけてきたこと。

これは海外でも地方にとけこむためにとても大事なことだと思います。
食べ物においては海外の多くの人が嫌がりがちな納豆もわさびも”もう慣れた”と言っていたし、箸も普通に使っていて、丸選手には「ほぼ日本人」と言われています。

 

でもこれは、思うより難しいと思います。
日本のものは特に見たことないようなものがたくさんあると思いますし、海外の人が敬遠したいものはたくさんあると思います。
ただ、エルドレッド選手もたこ焼きとお好み焼きはだめみたいです。

 

そんなエルドレッド選手はカープに他の外国人選手が来て、アドバイスを求められたら、「まずはなんでもやって見ること」とアドバイスしているのだそうです。
日本の野球は練習は特にアメリカのメジャーとは違うことがたくさんあって、「なんでそれをするの?」ということがたくさんあると言います。
それに対して「なぜ?」と言ってはいけないのだそう。

まずはやって見ること。
そこから新しい発見があるといいます。

 

試合前にいつも食べるという「ざるうどん」も”日本では麺はすすって食べる”という理由で、エルドレッド選手もすすって食べるといいます。
他の外国人選手は嫌がる人もいるみたいですが、”あえて”すするんだそうです。

 

まとめ


出典:「https://twitter.com/」

これほど海外の地域に馴染める野球選手はいないのではないでしょうか。

しかし、エルドレッド選手はもう38歳を迎えるので引退も近いかもしれません。
「後悔だけはしたくない」といつも全力でやっているそうです。

カープで現役引退をしたら、子供の学校のこともあってアメリカに帰るといいますが、「子供の大学に入って落ち着いたら日本にまた来たい」と言っていて、いつかそのうちに本当に広島に完全移住してしまう日がくると期待してしまいますね。

 

関連記事はこちらから読めます↓

筒香嘉智がメジャーへポスティング移籍するためのベストな年齢とは

広島フランスアの通訳クレートさんの希少価値はこんなに高かった!

レアードの愛犬や日本語への姿勢に学ぶ海外生活で大切な3つのこと

 

Sponsored Link
 

関連記事

コメントは利用できません。

プロフィール

プロフィール

41人の面白い!感動!意外!な選手たち

41人の面白い!感動!意外!な選手たち

本気でカープチケットを取りたい人必見

本気でカープチケットを取りたい人必見

今年の冬こそヘルシンキへ!

今年の冬こそヘルシンキへ!

春季キャンプを巡る『7つの楽しみ方』

春季キャンプを巡る『7つの楽しみ方』

ピックアップ記事

2018.11.18

大谷翔平の姉&両親と17の家族物語 |結婚のカギはアーバインの豪邸!?

出典:「http://www.latimes.com/」 大谷翔平選手の結婚の "カギ" を握るのかもしれないカリフォルニア州・ア…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る