「異業種転職」が不安な人へ!「プロ野球戦力外通告」から考えてみる

TBSが毎年放送している番組「プロ野球戦力外通告 クビを宣告された男たち」

プロ野球では毎年ドラフトで選手が入ってくる一方で、
その同じ人数の選手が去っていきます。

その中で自分の意思で引退を迎えられる選手はほんの一部。
多くが戦力外通告を受けて去っていく選手たちです。

その選手たちの苦悩がこの番組で毎年紹介されていきます。

 

この番組では「戦いの中で敗れて去っていく人」みたいに描かれているのですが、

少年野球チームの指導者になったり、飲食店を始めたり、会社に入社したり、
登場する選手たちは「転職」をするということです。

その中でも野球に関係しない職に就く人もいて、
「異業種転職」をする選手もいます。

 

でも、プロ野球選手から異業種へ転職するのって
とても難しいイメージなのではないでしょうか。

今回は、戦力外通告を受けたプロ野球選手にとっての「異業種転職」について考えてみたいと思います。

 

 

「プロ野球選手」からの転職とはどんなもの?

私たちのような会社で働く人から見ると、
プロ野球は特殊な世界なのではないでしょうか。

高校野球や大学のリーグで活躍した選手たちがプロ志望届をNPBに提出して、
プロ野球の球団がその選手たちの中から毎年10月に開かれるドラフト会議で指名します。

そこで選ばれたらプロ野球球団に選手として就職することができます。
そこから練習して、活躍して、チームのイベント等での営業もこなして、
年俸制でお給料をもらうという大変なお仕事です。

 

でも、プロ野球選手がほとんどの時間を使うのは、
もちろん野球の技術を磨くための練習ですよね。

なので、プロ野球選手から他の職業を探す時に持っているスキルは「野球の技術」が主なのではないでしょうか。

もちろん、選手は配球等のデータ分析をしたり、栄養学を学んでいたり、
それぞれの選手で磨いていることはあると思います。

 

ですが、
そこからの転職というのは番組にもなるくらい大変なことなのではないでしょうか。

 

異業種に転職したプロ野球選手たち

野球選手が戦力外通告を受けると、
またプロ野球球団のトライアウトを受けて違うチームに入ったり、
地方のリーグへ行って、またプロを目指す人が多いです。

そのほかには球団に残って裏方のお仕事の声がかかる人も。

 

では、それ以外で転職をした選手はどんな業界に入ったのでしょうか。
これまでの番組で紹介されていた選手を挙げてみました。

 

まず、女子プロ野球のコーチになった元巨人の辻内崇伸投手。
同じ野球の世界なので、必要なスキルも「野球の技術」
変わったのはプレーすることから教える人になったことでしょうか。

競輪選手になった元カープの兵動秀治選手。
脚力のある選手でスポーツでそれを活かしています。

 

次に、プロ野球選手がより難しくなるのがスポーツ以外の分野に進んだ人たち。

まずは修行の道に入り、うどん屋を開業した元巨人の篠辺剛投手。

飲食業に進む人は比較的多い印象ですよね。
プロ野球で何年もやっていて資金があれば飲食店の経営を始めてしまう人もいますが、
うどんの道に進むのは職人技なので新しいことを学び直さないといけなかったようですね。

 

都内のコンサルティング会社へ入社した元日本ハムの森本稀哲選手。
公認会計士になった元阪神の奥村武博選手。

会社員になる人もいますが、分野がまったく違うとどの選手も苦労されているみたいです。
その中でも森本選手や奥村選手は、違う分野のスキルを勉強し直して活躍の場を移した人たちです。

 

他にも毎年戦力外通告を受けた選手がたくさんいますが、
同じ分野は転職しやすいですし、近い分野でも活かせるスキルはあります。
異業種に進む人も一定数いたり、スキルを磨き直して活躍する人も。

 

異業種に転職をするときはみんな不安だった⁇

高校や大学で勉強してきた分野の職種についている人は多いのではないでしょうか。
僕も大学で勉強した分野に就職をしましたし、
逆に就職活動で違う分野の企業を受ける人は少数派なのではないでしょうか。

プロ野球選手もみんな高校や大学まで野球に打ち込んでいて
それからプロに入っています。

 

プロ野球選手は辞める時は
戦力外通告で離れる人が多いですが、

私たち会社で働く人も、ずっと続けてきた分野でいざ働き始めてみると
その職種が合わなかったり、違うことに興味を持つこともありますよね。

 

高校や大学で学んだ専門分野が必ずしも「合う」とは限らないし、
仕事でやってみてもそれが合うひとばかりではないかもしれません。

でも、そんな中で転職を考えたときに
同じ業界や近い分野を探すことは多いと思います。

異業種での転職は会社側も受け入れてくれなかったり
募集条件に合わなかったり

何より「不安」が大きいのではないでしょうか。

 

今の業界から変わろうと思ったときとか他の業界に興味を持ったとき、
その「不安」から躊躇してしまうこともあるかもしれません。

 

他の方向を目指せるのは時代の恩恵もある⁈

不安の中で進む方向を選んでいくのは大変なことです。

それでも方向転換せざるを得ない時もあるかもしれませんし
それに、違う方向に進みたい人もいるでしょう。

 

プロ野球選手からコンサルティング会社とか公認会計士とかは極端な例ですが、
方向転換することは大変であっても割と普通のことなのかもしれません。

特に今の時代は選択肢が多いので色々な道を選べるのもあるのかもしれません。

 

関連記事はこちらから読めます↓

メジャーで活躍の裏側!マイコラスの年俸推移から学ぶ自分の市場価値の上げ方

セカンドキャリアはこうやって始める!武田翔太の副業に学ぶ多芸を持つ生き方

「異業種転職」が不安な人へ!「プロ野球戦力外通告」から考えてみる

 

Sponsored Link
 

関連記事

コメントは利用できません。

プロフィール

プロフィール

41人の面白い!感動!意外!な選手たち

41人の面白い!感動!意外!な選手たち

本気でカープチケットを取りたい人必見

本気でカープチケットを取りたい人必見

今年の冬こそヘルシンキへ!

今年の冬こそヘルシンキへ!

春季キャンプを巡る『7つの楽しみ方』

春季キャンプを巡る『7つの楽しみ方』

ピックアップ記事

2018.11.18

大谷翔平の姉&両親と17の家族物語 |結婚のカギはアーバインの豪邸!?

出典:「http://www.latimes.com/」 大谷翔平選手の結婚の "カギ" を握るのかもしれないカリフォルニア州・ア…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る