巨人・高橋由伸監督の笑顔が戻ってきて嬉しい!!


出典:「https://www.daily.co.jp/」

僕は子供の頃からジャイアンツが好きで仕方ないのですが、
中でも高橋由伸選手(現読売ジャイアンツ監督)の大ファンでした。

 

今は監督をしているので監督としての評価や批判がニュースになったりしますが、
選手の頃から読売ジャイアンツっていう名門球団の勝手な事情に振り回されて
重いものを背負ってきていると常々感じます。

なので、今年のジャイアンツ戦を観ているとなんとなく嬉しくなってしまうのです。

 

Sponsored Link

子供の頃から好きな選手は「高橋由伸」

僕が父親に連れられて初めて東京ドームに行ったのが小学4年生の頃。
由伸選手が3番を打っていて、4番はあの松井秀喜さんという、長嶋さんが指揮する近年のジャイアンツ全盛期でした。

 

「天才打者」という響きにも浮かれながら、ずっと応援してきました。
今でいえば巨人ファンが支持する選手といえば坂本勇人選手とか菅野投手とか
熱狂的なファンて多いですよね。
それが当時は由伸選手とか松井秀喜さんだったのです。

 

そんな由伸選手は2015年シーズンをもってチームの事情に引きずられながら
監督就任のために現役引退となってしまったのです。

 

(由伸さんが4番を託した岡本和真選手の記事はこちらから読めます。)

 

僕たちファンがまだ許していない現役引退の事件

チームのために仕方なく決意して監督業を引き受け、現役引退。
原因の発端は野球賭博問題でした。

巨人の選手数人が野球賭博に関わっていたという問題。

プロ野球を観戦するファンは選手がその1球1打席にかけて勝負しているから一緒に喜怒哀楽を分かち合うことができます。
それを野球賭博をしていたとなればどの勝負が本当なのか信用できなくなってしまいますよね。

 

プロ野球はエンターテインメントの業界なので
ファンがいなくなってしまっては成り立たない。
プロ野球界が危機的な状況にいました。

そんな問題が起きてプロ野球どうするとなっていた時に原前監督が退団。
まだ現役で2000本安打が近づいていた由伸選手に白羽の矢が立ちました。

 

世間からの球団のイメージは悪く、クリーンなイメージを取り戻さないといけないという状況。
そこで巨人一筋でクリーンなイメージの由伸選手を監督にしようという動きが始まりました。

その年はコーチ兼選手としてシーズンを過ごしていた由伸さん。
コーチだって本当はまだやりたくなかったと思います。

ましてや現役の選手に引退をして監督の要請をする。
プロ野球の世界では、ここまでチームに尽くしたスター選手は引退する時を自分で選ぶ権利があります。

 

しかしそこから囲い込みが始まり、原前監督やついには長嶋茂雄終身名誉監督からも
監督を受けるようにとの打診があったと言います。

この件は球団はあまりにも非情で、まだフロントを許していないファンは少なくないのではないでしょうか。

 

由伸選手は入団するときもチームの事情で希望でないチームに入団しています。
せめて引退するタイミングは自身で決めて欲しかったです。

そして選手を兼任しての監督をするというチームからの打診を由伸さんは否定しました。

出典:「http://weblog.hochi.co.jp/」

ジャイアンツの監督は覚悟がないとできない。
決意の監督就任です。

Sponsored Link

厳しい表情の監督就任2年間はファンは苦しかった

多くの監督は喜怒哀楽を表に出すと思います。
監督はみんな選手が打つとめちゃくちゃ喜んでるのが表情に出るし、カープの緒方監督みたいに退場処分になるまで審判に怒っていく監督だっています。

でも由伸監督は無表情が多く、公の場であまり笑っていない印象でした。

 

監督が一喜一憂していたら選手が顔色を伺ってしまうとかで
それが由伸監督のカラーだとなっていたようにも思えました。
中日の前前監督の落合さんを見習っていたような感じでもありましたよね。

 

でも本来は由伸監督はめちゃくちゃ優しい性格。
巨人の監督は勝たないといけないので非情になることができないと務まらないとも言われます。

それなのに昨年まで一緒にプレーしていた仲間だった選手たちに非情になれって言っても難しいですよね。

それにインタビュアーがくどい質問をしてそれに敵対してしまったり
辛口の記者と険悪ムードになっていたり。
ファンとしても辛い日々が続いていたのです。

 

ジャイアンツは特に報道の目が厳しい球団なので
書かれる記事に対する精神的な負担が大きいのもあると思います。

だから由伸監督にとって最初の2年間は本当に難しかったと思います。
案の定それが昨年のBクラスという結果にも出てしまったのかもしれません。

 

(由伸さんと深い信頼関係の阿部慎之助選手は引退についてどのように考えているのでしょうか。)

 

素の笑顔が増えてきた!!

3年前、ジャイアンツと由伸監督は3年の監督としての契約を結びました。
なので2018年が最終年で今年優勝できないと次の監督は誰だ、という話が当然出てきます。

 

今年は後がないというわけで特にピリピリしそう。

 

と開幕前までは思っていましたが、
実際に見ているとキャンプ中もシーズン始まってからも由伸監督はいつもニコニコしているのです。
昨年までよく対立していたマスコミに対しても笑顔を見せるぐらい。

各メディアも驚いているぐらい、喜怒哀楽が表に出ています。


出典:「https://twitter.com/」

 

若手が育ってきてチームが調子が良いからなのか。
それともベンチの雰囲気を明るくしているのか。

わかりませんが
今年が1番由伸監督らしいからこのまま進んで欲しいです。

 

そういえば監督就任1年目の年は選手たちもかなりピリピリしていて
「優勝して高橋監督を胴上げします」ってみんな言ってたような気がしますね。

 

今年は若い選手や新しい選手が増えて、和やかな雰囲気もありますよね。

今年は由伸監督にとってジャイアンツにいるのが最後になるかもしれない年。
このまま素でいられている由伸監督を目に焼き付けておきたいですね。

 

来期は現役復帰して欲しいと思うのは僕だけでしょうか?

一度引退をして3年間監督として選手との信頼関係を築いている由伸監督。
そこからの現役復帰は現実的ではないですよね。

それなのに
現役復帰して欲しいという声は僕だけのものではないようなのです。

 

色々なサイトを見ていると、

「由伸現役復帰してほしい」
「そのまま現役復帰してください。お願いです。」
「まだまだやれますよ!代打でお願いします」

など現役復帰に対する声は現実的かどうかはさておき、少なくないのです。
現在43歳なので現役を長く続ける選手でもギリギリの年齢なだけにもう少しだけ
と思ってしまいますね。

 

(由伸さんの同級生・上原浩治投手の記事はこちらから読めます。)

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

プロフィール

プロフィール

41人の面白い!感動!意外!な選手たち

41人の面白い!感動!意外!な選手たち

本気でカープチケットを取りたい人必見

本気でカープチケットを取りたい人必見

今年の冬こそヘルシンキへ!

今年の冬こそヘルシンキへ!

春季キャンプを巡る『7つの楽しみ方』

春季キャンプを巡る『7つの楽しみ方』

ピックアップ記事

2018.11.18

大谷翔平の姉&両親と17の家族物語 |結婚のカギはアーバインの豪邸!?

出典:「http://www.latimes.com/」 大谷翔平選手の結婚の "カギ" を握るのかもしれないカリフォルニア州・ア…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る