ベッキーと交際の巨人片岡治大!10のキーワードでその性格を読み解く

昨年涙の引退をした巨人の片岡治大コーチがベッキーとの交際報道で注目を集めていますね。
片岡コーチは巨人の選手としては珍しく、ずっと独身でした。人見知りな面もある人なのも理由の一つなのかもしれません。

ここ数年ずっと怪我との戦いで、なかなか1軍の試合に戻ってこれなくて、リハビリ生活は本当に大変そうでしたが、選手生活を終えて一息ついた頃なのかもしれないですね。

 

巨人にくる前はライオンズのスターだったので、髪も明るく染めていたり、やんちゃなイメージもありました。
しかし、巨人は髪を染めることやヒゲなど規律に厳しいチームなので、2014年に巨人に移籍するときに髪も黒く染めていました。

そのライオンズにいた若い頃のイメージもあるのかもしれませんが、僕が見てきた巨人の片岡選手はけっこう真面目な人で、今はコーチのお仕事で一生懸命期待の若手選手を育てているのでまだまだ片岡コーチにも期待でいっぱいです。

 

今回はその片岡治大コーチはどういう人なのか、その性格を10のキーワードで読み解いていきたいと思います。

 

 

片岡コーチのお仕事は遠征があるけど、遠征はそこまで多くない


出典:「https://instagrammernews.com/」
片岡さんがコーチをする巨人の2軍は関東が本拠地ですが、試合で遠征をすることもあります。
そのためベッキーと遠距離になるという話もありますが、実際にはそんなに遠征ばかりと言う訳ではないです。

プロ野球の2軍は1軍とリーグの構成が違って、イースタンリーグとウェスタンリーグに分かれます。
巨人の2軍はイースタンリーグにあるので、対戦相手は主に関東より東にあるチーム(日ハム、楽天、DeNA、ヤクルト、ロッテ、西武)です。

 

その中でも北海道の日ハムと仙台の楽天以外の4チームは全て関東にあるので、片岡コーチは大半は関東にいるのではないでしょうか。
しかし、それでも片岡コーチはコーチのお仕事をかなり一生懸命していて、まだ1年目なのでそちらもかなり忙しいと思います。

巨人の2軍は1位を走っていますが、若手選手を育てるので大変なので、内野守備走塁を担当している片岡コーチもたくさん頭を悩ませているのではないでしょうか。

 

駆け出しの片岡コーチのお仕事に取り組む姿勢


出典:「http://sp.baseball.findfriends.jp/」

片岡コーチは実績的には1軍のコーチでもおかしくないですが、今は2軍のコーチをしています。
他球団から移籍してきた井端弘和さんも引退をしてすぐに1軍のコーチになっていますし、片岡コーチと同じく西武から移籍して引退後にコーチをしている小関竜也さんもコーチにいます。

片岡コーチが2軍のコーチをしているのは、35歳という年齢もあるのかもしれません。
球団スタッフならともかく、コーチが35歳というのはかなり若いです。
1軍には片岡コーチより年長の阿部選手や上原投手らがいるので、若手がたくさんいる2軍のコーチからということもあるのではないでしょうか。

 

片岡コーチは他の球団でコーチをしている知り合いからも学んでいたり、コーチ業はまだまだ勉強中だと思います。
ユニフォームのうしろポケットにはいつもメモを入れていて、気になることや忘れそうなことはすぐにメモをとっているということを以前のインタビューで話していました。
それをあとでノートにまとめているといいます。

 

片岡コーチのお仕事の内容は?


出典:「https://twitter.com/」

2014年に片岡選手は巨人にFAで移籍しましたが、巨人が片岡選手に入って欲しかったのは、セカンドのポジションがいなかったからです。
セカンドは若手がたくさんいてもなかなか1軍でレギュラーになれる人がいませんでした。

移籍後の2014年は片岡選手が主にセカンドを守っていましたが、昨年には期待の若手が何人も出てきました。
なので、これで片岡さんも心置き無く引退できたということもあるかもしれません。

そしてその期待のセカンドの選手たちを育てるのが、片岡コーチの大きなお仕事の一つだと思います。
先日は片岡コーチがマンツーマンで山本泰寛選手に教えているのがSNSで出ていましたが、片岡コーチと同じようなスタイルの山本選手が片岡コーチの初めての教え子みたいな感じになるのかもしれません。

山本選手を指導している片岡コーチにも注目です。

 

片岡コーチは末っ子で人見知り⁈


出典:「https://twitter.com/」
片岡コーチはイケメンと言われますが、以前のインタビューで自身のことを「やや寡黙な人」と言うようにそんなにめちゃくちゃ喋る方ではないようです。
巨人に移籍してきた頃は、今監督をしている高橋由伸さんや阿部慎之助選手、鈴木尚広さんらベテラン選手に対してめちゃくちゃ緊張していたのが印象的でした。

人気番組のズムサタでは以前、宮本さんにイケメンと言われても恥ずかしそうにしていたり、もともと人見知りな一面もあるのかもしれません。

 

片岡コーチのいた西武ライオンズはアナウンサーと話題になるチーム⁈


出典:「https://twitter.com/」
片岡コーチは西武ライオンズで9年間プレーしましたが、西武ライオンズはアナウンサーと交際報道がよくあるチームです。
最近では金子侑司選手がフジテレビのアナウンサーと話題になりましたが、あの松坂大輔さんや石井一久さんの奥さんもアナウンサーです。

西武ライオンズが本拠地を置く埼玉は都内に近い割に郊外であまり報道の目が厳しくない球団ということも言われていましたが、チームの雰囲気も若手中心のやんちゃな感じで若手が活躍するチームです。

そのライオンズのスターだった片岡コーチも当時は報道も出ていました。

 

イクメンパパの内海投手とは「てつ、やす」と呼び合う旧友


出典:「https://deskgram.org/」

片岡コーチは社会人野球をしていたときに東京ガスで同期だった内海哲也投手や日大の後輩の長野選手と仲が良かったです。
特に内海投手とはかなり仲が良くて、よく一緒にいます。

内海投手は4人の子供をもつイクメンパパでリハビリとか球場でもよく子供と一緒にいます。
それを見ている片岡コーチは子供をもつときが来るのでしょうか。
そのときは内海投手みたいな感じになるのでしょうか。

 

今でも心配なデッドボール&ぶつけた中崎投手に寛大だった


出典:「http://www.sanspo.com/」
2015年8月7日広島戦延長12回に広島カープの中崎投手から頭にストレートでデッドボールを受けました。
その時は頭の側頭部に当たって、片岡選手はそのまま頭を抱えて倒れてそのまま救急搬送されました。

このときはかなり衝撃的で、巨人では2010年に木村拓也コーチが蜘蛛膜下出血で倒れるということも記憶に新しかったので、このとき僕たちファンは冷や汗が止まらなかったと思います。
片岡コーチは2011年に守備で転倒した際に脳震盪も起こしているので、余計にこれからも気をつけてほしいですね。

野球選手はこういう命に関わる事故や怪我があるので、気をつけないといけないです。

 

そしてその後すぐに復帰しましたが、中崎投手がコーチと謝りに来ています。
中崎投手は当時22歳でショックもあったかもしれません。

こういう事故でバッターの内角に投げられなくなるピッチャーもいるみたいですが、
このとき片岡コーチは笑顔で握手して、気にしないように伝えていました。
中崎投手はまだ若いのでこれからまだまだ活躍してほしいという思いもあったのかもしれません。


出典:「https://www.daily.co.jp/」

 

若すぎる34歳での引退 「悔しい」


出典:「https://www.sankei.com/」
プロ野球の世界で34歳で引退というのは若すぎる年齢です。
片岡選手はずっと活躍してきた選手なので、引退する時期は自分で選べるぐらいの選手です。

引退したのは怪我が続いていて本当にできなくなったからで、盗塁することが片岡選手の売りの選手なので、それが難しくなったということだと思います。
内海投手に報告を最初にしたと言いますが、内海投手も悔しかったと思います。

2011年のキャンプの時に足を痛めてから度々いろいろな箇所を怪我していたので、ここ6、7年は大変だったかもしれませんが、そういう経験も含めてこれから指導者としての人生を充実していってほしいですね。

 

片岡コーチの名前「治大」も、前の「易之」も本名ではなく登録名


出典:「http://sp.baseball.findfriends.jp/」

片岡コーチの「治大」という名前ですが、これは登録名です。
読み方は「やすゆき」ですが、普通に読んだらそうは読めないですし、難しい読み方ですよね。

ちなみに西武ライオンズ時代の2012年までの登録名は「易之」なので、その当時から片岡コーチを見てきた野球ファンは「治大」の方も慣れないかもしれません。

 

そして本名は「保幸」ということです。

 

社会人時代に入院した時に母親が病室まで命名本を持ってきて、運気が良くないのは名前が悪いのではないかとアドバイスしたことがきっかけだったようです。
プロ野球は登録名で「イチロー」とか「サブロー」とか名前を帰る人はときどきいますが、名前の漢字だけを変えているのは片岡コーチぐらいかもしれません。

2年ぐらい怪我が続いた2012年にまた「治大」に変更しているので、片岡コーチにとって登録名を変えることは運気を変えることなのかもしれませんね。

 

片岡コーチが選んだ背番号70の意味とは


出典:「https://www.picbon.com/」

片岡コーチは西武ライオンズ時代は「7」をつけていましたが、巨人に移籍した際に「8」に変更していますが、これは長野選手が「7」をつけていたためです。
コーチになって「70」を選んだということはライオンズ時代につけていた「7」がよかったということなのかもしれません。

ライオンズの「7」はスター選手がつける栄光の背番号で、片岡コーチがつける前はメジャーでも活躍した松井稼頭央さんがつけていました。

野球選手は背番号を大事にする人も多いですが、片岡コーチにとって背番号の「7」の数字は思い入れがあるものなのかもしれませんね。

 

 

関連記事はこちらから読めます↓

坂本勇人の年俸推移でわかる2018年の成績以上にすごい、誰もが必要なこと

山田哲人がファンと作る映画のワンシーン!フォームで登場曲を盛り上げる

海外留学した僕が大谷翔平選手の英語力と通訳水原一平さんに思うこと

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

プロフィール

プロフィール

41人の面白い!感動!意外!な選手たち

41人の面白い!感動!意外!な選手たち

本気でカープチケットを取りたい人必見

本気でカープチケットを取りたい人必見

今年の冬こそヘルシンキへ!

今年の冬こそヘルシンキへ!

春季キャンプを巡る『7つの楽しみ方』

春季キャンプを巡る『7つの楽しみ方』

ピックアップ記事

2018.11.18

大谷翔平の姉&両親と17の家族物語 |結婚のカギはアーバインの豪邸!?

出典:「http://www.latimes.com/」 大谷翔平選手の結婚の "カギ" を握るのかもしれないカリフォルニア州・ア…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る