西武・高橋光成の怪我と現在!実家のりんご園と7つの家族物語


出典:「https://instagrammernews.com/」

高橋光成投手の活躍を一番喜んでいる人の存在とは。
両親は高橋投手が試合で投げるたびに試合を見にくるのだといいます。
家族みんながその活躍を喜んでいる様子から、その家族愛の強さがわかります。

 

高橋投手が甲子園を制覇して一躍脚光を浴びた高校時代。
その恩師と高橋投手の関係とは一体どういうものなのでしょうか。
恩師の人柄から高橋投手が飛躍した理由が見えてくるかもしれません。

今回は、『7つの家族物語』と題して、高橋光成投手の人柄を紐解いていきます。

Sponsored Link

 

高橋光成の父と野球を始めたきっかけとは


出典:「https://twitter.com/」

高橋光成投手が野球と出会ったのは父がきっかけでした。
父・義行さんはもともと「自分でプレーするのはあまり」と言うものの、野球中継を見るのが好きな人でした。

 

そんな義行さんが奥さんの家に婿へ行ったときのこと。
奥さんの実家は群馬県沼田市利根町。
義行さんと同郷でしたが、そこは野球の盛んな地域でした。

 

なので、早く地域に溶け込もうと草野球チームに入部。
もともと野球のプレーは素人だったため一度はやめてしまったこともありました。

 

そういう経験があったからこそ、義行さんは息子の高橋投手に同じ思いはして欲しくないと思っていたのだそうです。
そして、高橋投手が保育園の頃にグローブをプレゼント。
これが高橋投手が野球を始めたきっかけでした。

 

(物心ついたときには野球を始めていたという秋山翔吾選手の記事はこちらから読めます。)

 

高橋光成を語る上で欠かせない、両親の応援


出典:「https://www.sanspo.com/」

そんな父のもとで野球に目覚めた高橋投手。
両親の支えがなければここまでくることはできませんでした。

 

義行さんと母・尋美さんは高橋投手が登板する試合は、全て球場まで駆けつけているとのだといいます。
そして家に帰ってからも録画した映像を繰り返しチェック。
義行さんは「帰ってきて夜中でもなんでも1回は見る」と話していました。

 

「親は子供がやりたいことをやれているのが一番幸せなこと」と話すのは、母の尋美さん。
その実家には初勝利と初完封のボールが大切に飾ってあって、「我が家では相当な宝」と両親揃って話していました。

 

息子がプロ野球選手というのは誇らしい反面、心配なことでもあると思います。
普通に社会で就職するのと比べると、華やかな職業である一方でとても不安定な側面もあります。

 

(中村剛也選手を育てた両親の意外な教育とは!?)

 

Sponsored Link

同級生は7人だけ!?幼少期の高橋光成が育った環境とは


出典:「https://instagrammernews.com/」

高橋光成投手が育ったのは群馬県沼田市利根町。
利根町は山間にある自然豊かな町で、高橋投手が通った利根東小学校は全校生徒が60人しかいない小さなところでした。

 

その同級生は全員男子。
遊び場は山と川で、高橋投手は川に飛び込んで岩魚を捕まえていたというのです。
小さい頃から優しい性格だったという高橋投手。
こういう自然の中で育ったからこそ、穏やかでおっとりした性格に育ったのかもしれません。

 

飛躍した高校時代!恩師と高橋光成の関係とは


出典:「http://www.ad-vank.com/」

高橋投手は前橋育英高校へ進学。
甲子園初出場で初優勝を成し遂げて、一躍脚光を浴びました。

 

前橋育英高校野球部のテーマは、「雑草心」
恩師の荒井直樹監督は優しそうな人がらで、自らグラウンド整備もするというという人。
どこか高橋投手に合っているような雰囲気です。

 

そんな荒井監督は今でも高橋投手と連絡を取っていると言っていました。
「良いときは連絡をすると思うけれど、そうじゃないときはなかなかできない。そういう時にできるだけ声をかけたい」と今でも高橋投手の活躍を気にかけてくれている存在です。

 

高校からプロへ行くと、大学や社会人を経験した人に比べて、自己管理は当然劣るのではないでしょうか。
家族もそうですが、監督も心配しているのかもしれません。

 

(中学時代の恩師の指導スタイルが合っていた森友哉選手の記事はこちらから読めます。)

 

祖父母が営むりんご農園と高橋光成


出典:「http://npb-smp.nikkansports.com/」

高橋光成投手の実家では祖父母がりんご農園を営んでいます。
「これ光成が大好きなんです」とリンゴを見せていた祖父の光政さん。
「最高のおじいちゃんおばあちゃん孝行しています」とその活躍を誰よりも喜んでいました。

 

そんな光政さんも野球経験者。
今でも還暦チームのショートを守っているのだそうです。

 

ライオンズには外崎修汰選手の青森の実家がりんご農園をしていて、サンクスギビングデーでは一緒にLIONSりんご園を出店していました。

 

Sponsored Link

なぜこんなに背が高い!?高橋光成の体格と栄養管理とは


出典:「https://baseballgate.jp/」

高橋投手の特徴といえば、その大きな体格からの豪快なフォーム。
身長は189センチとプロ野球選手の中でもかなり大きい方です。

 

しかし、2歳上の姉、2歳下の弟、両親も高橋投手の家族はみんなそんなに身長は高くないです。
では、なぜ高橋投手だけここまで高くなったのでしょうか。

 

子供の頃から高かった高橋投手。
牛乳が好きで、毎日たくさん飲んできたのだそうです。

 

今でも高橋投手は栄養管理を勉強しているといいます。
チームには勉強家の菊池雄星投手がいて、高橋投手は「そういう姿を見て、まだまだ勉強しないといけない」と語っていました。
これだけの体格を持っていてピッチャーとしても有利な身長なので、身体づくりでどんどん強いボールを投げられるようになるのではないでしょうか。

 

「光成のおかげ」!?高橋光成の家族への想い&現在の状況とは


出典:「http://column.sp.baseball.findfriends.jp/」

怪我に泣かされてきたプロ3年間。
1年目に飛躍したあとは、2年目に顔面骨折、3年目には肩の違和感と怪我に苦しんできました。

そして4年目。
なかなか思うピッチングができない中、ライオンズの優勝が決まった後の10月4日に先発。
142球の熱投を見せたものの7四球と課題が残りました。
ここから5年目に向けてやるべきことが見えてきたかもしれません。

 

高橋投手の実家には曽祖母のとらさんもいます。
「光成のおかげで長生きしたくなった」「光成のおかげだよ」と高橋投手の活躍をいつも喜んでいました。

 

高橋投手は、「自分一人ではできないので家族みんなと話してリフレッシュしたり気持ちもすごく落ち着くので、大切な存在」と、高橋投手にとって家族は大切な存在なのだということを語っていました。
シーズンが終わったら、「沼田市に帰って父とキャッチボールをしたり温泉に入りたい」
曽祖母をはじめ、家族孝行の5年目シーズンに期待したいです。

 

\面白い!意外!感動!プロ野球選手たちの生き方を紹介してます↓↓/

Sponsored Link
 

関連記事

コメントは利用できません。

プロフィール

プロフィール

41人の面白い!感動!意外!な選手たち

41人の面白い!感動!意外!な選手たち

本気でカープチケットを取りたい人必見

本気でカープチケットを取りたい人必見

今年の冬こそヘルシンキへ!

今年の冬こそヘルシンキへ!

春季キャンプを巡る『7つの楽しみ方』

春季キャンプを巡る『7つの楽しみ方』

ピックアップ記事

2018.11.18

大谷翔平の姉&両親と17の家族物語 |結婚のカギはアーバインの豪邸!?

出典:「http://www.latimes.com/」 大谷翔平選手の結婚の "カギ" を握るのかもしれないカリフォルニア州・ア…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る